CD Review --179--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「葬るリキッドルーム」 植田真梨恵

3rdミニアルバム(7曲収録)。オープニングの激しいロックナンバー「未完成(スケッチー)」がリード曲扱いみたいだけど、彼女らしいメロディーのおもしろさを味わうなら断然、M2「RRRRR(アール)」以降の曲だと思う。ラストにボーナストラックっぽく入っている「100LIFE」がアコースティックギターによる弾き語りである以外、全曲がバンドアレンジ。「流れ星」「くちびるの奥」「スメル」…。ほとんど書いてしまったよ。華やかさとセツナさ、若さとロマンチシズム…が交錯するサウンド。少女らしさの中にひらりと鋭い切れ味を秘めたボーカルとの相性もばっちりだ。最大のアクセントは、アルバムのど真ん中に位置するバラード曲「光蜜(みつ)」だろう。この曲のすべての時間から溢れ出す甘やかさと温もりにいつまでも包まれていたくなる。ぜひこの曲をライブで聴いてみたいと思った。 ★★☆(10/08/25)

「キミ」 森 恵

メジャーデビューシングル(3曲収録)。ライブではほとんどアコースティックギター弾き語りの彼女が、広沢タダシ氏のプロデュース&アレンジによるバンドサウンドに取り組んでいる。広沢氏といえば、かつての矢野真紀さんとのコラボレーションなどがとても印象的だった記憶がある。だから、リリース前から「これは期待できそう…」と勝手に楽しみにしてたのだけど、実際の仕上がりもその期待を裏切らない内容だった。彼女の伸びやかな声質を生かした表題曲、でもそれ以上に好きだな…と思えたのがC/W曲「陽はまた昇り」だ。素朴さを装いながらも大人っぽい小粋なゆとりを感じさせるアレンジがまさに職人技。女性ボーカルの魅力を引き出すツボをしっかり心得ている…というか。1stアルバムぐらいまでは、この広沢氏とのコンビネーション、ぜひ続けていってほしいものだと思う。 ★★(10/08/26)

「傷だらけのマリア」 アーバンギャルド

4曲収録のマキシシングル。前回の2ndアルバム「少女都市計画」のレビューでは、「今のアーバンに一番必要なのは痛いほどに美しいメロディーではないか…」的な感想を書いた。要するにサウンドは凝ってるけど、一本中心になるメロディーに物足りなさを感じていたのだ。そういう意味では本作は、曲数は少ないながらも、どのナンバーも芯になるメロディーが印象的ですっきりとした力強さを感じさせる作風になってきているのではないだろうか。タイトルナンバーは、自分を追い込んでいくようなトラウマナンバー。個人的に好きなのは、中盤のドゥーワップっぽいアレンジが効いてるコミカルな「ファミリーソング」かな。リリカルで透明なメロディーを浜崎さんが淡々と歌う「あした地震がおこったら」も聴き返すうちに心に沁み込んでくる。小品っぽいけどおもしろい。 ★★(10/08/26)

「残照」 寺尾紗穂

5thフルアルバム(10曲収録)。聴き始めてすぐに気になるのが、冒頭の「アジアの汗」。このアルバムに収録されているのは「Controlled Version」となっていて、オリジナルの歌詞にある「土方」という言葉がパーカッションの音に置き換えられている。理由は「土方」が放送禁止用語だから。同様の措置がM9「家なき人」でも取られている。しかし、これはやっぱり不自然。オリジナル・バージョンはシングル「放送禁止歌」として別にリリースしているのだから、CDとしては問題ないのだろう。だったらシングルよりも将来的に「作品」として残るアルバムにこそ「本来の」バージョンを入れて欲しかったな、と思ってしまった。…そんな若干のモヤモヤは残るものの、全体的にはとても豊かな音が凝縮されて詰まっている盤。メロディーもサウンドもボーカルも一見とてもシンプル。でも、聴けば聴くほどに深い滋味がわき出してくる。ピアノでの弾き語りの曲でさえも「豊かさ」を感じさせ聴く者を惹きつける。 ★★(10/08/25)

「Lady Ready!」 Neko Jump

2008年リリースの3rdフルアルバム(10曲収録)。日本編集盤の「BKK to NRT」が思いきりツボにハマったので、続けてこのタイ盤も聴いてみた。この作品からレーベルが変わり、コンセプトもやや変化…ということだったので、どんな感じか気になってたのだけど、サウンド的にはポップ色が強まり、洗練度が増した感じはたしかにある。ジャケットやPVでは、メイクなどがかなりギャルっぽい雰囲気に。でも、音楽的には日本のギャル文化との関連性は薄そうだ。アイドルらしいカラフルでキュートな曲とリリカルなメロディーを聴かせるミディアム曲が半々…という構成は「BKK to NRT」と同じ。どの曲にもゆったりした大らかなノリが共通しており、日本のアイドルのようにセカセカしてないところがとても良いと思う。そして2人の歌声にも強く惹きつけられた。タイ語の歌詞の意味が分からなくても、曲の気分や感情が素直に伝わってくる。けっこう胸キュンなボーカルなのである。ほとんどの曲が3分台なのもスピーディーで小気味よい。あちこちで使われてる日本語SEが若干場違いなケースはあるけど、全体的には本当によく出来ている。魅力たっぷりの楽しい作品。 ★★★(10/07/11)