CD Review --180--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「MAGICAL CIRCUS」 のあのわ

12曲収録の2ndフルアルバム(ミニアルバムも含めると3作目)。「マジカル・サーカス」というタイトルは、たぶんサーカスのいろいろな出し物みたいに、次々とタイプの違う曲が現れる本作の楽しさを表現したものなのだろう。そして、その狙い通りの作品に仕上がっていると思う。たしかに衝撃的といってもよかった前作の新鮮さに比べると、聴き手側が「のあのわらしい」洗練された楽曲やカラフルでスケール感のあるサウンド…などにある程度慣れてしまった分、驚きは少なくなっている。でも、ディテールまできっちり作りこまれて完成度は増していると思うし、ボーカルにかけたエフェクトが意外といってもいいほどのリリカルな表情につながっているM6「つないで」など、新しい魅力もいくつか見せている。初期衝動ではなく、練りこまれたエンターテインメントをめざしている、どちらかといえば「大人向け」のバンドだけに、じっくり良い作品を積み重ねていくような活動を期待したいものだ。 ★★☆(10/10/27)

「TOgether SONGS -Neo girls 2010-」 VARIOUS ARTISTS

サエキけんぞう氏が主催するアキバ系地下アイドルイベント「TOgether」に集う女性ボーカル系アーチスト18組の曲(18曲)を集めたコンピレーション。アキバ系地下アイドル…というと、どうしても「アニソンっぽくて単純な元気ソングばっかり」「ガチャガチャしてうるさいオタ芸のBGM」…というネガティブな先入観があって、これまであまり積極的に聴く気になれなかったのだけど、このコンピに収録されている曲を聴いてちょっと印象が変わった。さすがはサエキ氏というべきか、たしかにアニソンぽかったり、アッパー曲が多かったりはするんだけど、平均してクオリティーの高い曲ばかりを選りすぐっている印象。純粋に音楽としておもしろく聴ける。もちろん、その中でもカラーの違いやレベルの差はあって、そのカオスの中から生々しいシーンのダイナミズムが立ち上ってくるようだ。たぶん、現場に行くともっと玉石混交なんだろうけど、少なくとも無視してちゃいかんな、このジャンル…という気になってくる一枚。 ★★☆(10/10/27)

「Candy」 星村麻衣

移籍後の2ndシングル(2曲収録)。7月末のリリースということで、タイトル曲は夏らしく爽やかなポップロックナンバー。率直にいって良い曲だろう。彼女らしいメロディーで、ボーカルものびのび歌っている。間奏のピアノに続いて出てくるギターのディストーションが80年代っぽいくて気持ちいい。これくらいのレベルの曲をコンスタントに書けるところが彼女の強みなんだけど、少し意地悪く言えば、ちょいマンネリ気味かもしれない。これは、C/Wの「夏模様」にもいえる。良曲なんだけど、いつか聴いた曲のような気がする…というやつ。前作「いちばん星」の鮮烈さが胸に残っているだけに、今回はシングルとしてはやや無難すぎる印象が強くなってしまった。 ★★(10/10/27)

「Catch!」 辻 詩音

14曲収録の1stフルアルバム。メジャーデビュー以降のシングルナンバー4曲がフィーチュアされている。一言でいえば、とても完成度の高い作品。全曲バンドアレンジで、けっこうポップに振ったサウンドが、彼女の持ち味であるボーカルの軽やかさをすっきりと引き出している。とてもバランスがいい。シングルでリリースされた曲はどちらかというと、フォークっぽくアコースティック感を生かしている印象。つまりはメジャーデビュー前の弾き語りで歌っていた頃のイメージの延長線上…という感じ。一方、アルバムで初めて聴いた曲は対照的にとてもカラフルだ。サウンドやアレンジもとても華やか。彼女の新しい一面を聴くことができる。M11「デジタルモード」のフレッシュな疾走感はアルバム全体のハイライトといってもいい。全曲自作の楽曲も、それぞれに個性があってフックもしっかりしている。ジュエルリーグの頃から聴いていた者としては、「よく頑張った!」と言ってあげたい気持ちだ。 ★★☆(10/10/27)

「キャリオキROCK大作戦」 RED PEPPER GIRLS

韓国出身の双子デュオユニット「レッド・ペッパー・ガールズ」の1stフルアルバム(11曲収録)。2009年4月リリースの旧譜だけど、3つ上でレビューした「TOgether SONGS」に収録されていた「流星JET2.0」が印象的だったので買ってみた。内容的には、スタッフはすべて日本人、全曲日本語のJ-POP作品。エネルギッシュでダンサブルなサウンド、歌謡曲とロックを折衷したようなキャッチーなメロディー、ノリがよくてセクシーなボーカル…と楽しく聴ける要素はばっちりそろってる。日本語の発音も完璧。言われなきゃネイティブのシンガーとしか思わないだろう。11曲で40分弱…というスピーディーな展開もいいわ〜。という感じなんだけど、1曲単位でもこってりした曲が次から次へと出てくるので通しで聴くとけっこう疲れたりして…。歌詞の内容も「オールナイトで遊ぶぜ〜」的な肉食系なものが多いし。 ★★(10/10/27)