CD Review --182--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「今日が笑顔であるように」 星村麻衣

2010年12月リリースのミニアルバム(6曲収録)。アルバムとしては移籍後初の作品ということになる。先行シングルの収録曲が3曲含まれているので、純粋な新作は3曲。ここでは、その新曲を中心にレビューしてみよう。まず、オープニングのタイトル曲は、じっくり聴かせる穏やかなミディアムナンバー。「いちばん星」で歌われていた震えるような感情から、少し落ち着いた現在の心境を歌ったものだろうか。アコースティックなアレンジに乗せて、これからも歌い続けていく…という決心が伝わってくる作品だ。この曲とラストの「いちばん星」でセットになっている。言い換えればこの2曲がすべてのアルバムといってもいいだろう。残りの新曲2曲、ポップな「幸せのカタチ」とクリスマスソングの「Christmas to you」は、彼女らしい手堅い作風で平均点は高いけど、何かもうちょっと冒険が欲しかったな…という思いも残る。新しい制作環境に慣れた次作以降の展開を楽しみに待ちたい。 ★★(11/02/03)

「つよがりソレイユ」 初音

約9カ月ぶりのシングル(2曲収録)。前作で自作曲に戻ったと思ったら、今回は表題曲が常田真太郎氏の作詞・作曲、C/W曲も作曲はkira氏…ということで、再びシンガーに専念することになってしまった。本来ソングライターでもある彼女の気持ちとしてはどうなんだろう…などと思いながら聴いたのだけど、結論的にいうととても良い作品に仕上がっていると思った。リリカルなメロディーは、もともと泣きの入った彼女の声質や歌唱にぴったりのものだし、ちょっと大人びた歌詞の響きも新鮮。若い女性が精一杯背伸びしてる様子が浮かんでくるようで、いじらしくて切なくなる。彼女は「この曲を歌うことでいろいろ勉強したい」というようなことをインタビューか何かで言ってたけど、たしかに彼女に当て書きしたような曲でありながら、今までの引き出しにはなかった要素を持った曲といえるだろう。C/W曲は、サウンド的には表題曲と同じ傾向、そして歌詞は彼女の自作による温かみのあるものだ。ストリングスをたっぷり使ったアレンジが優しくてこちらも良曲。 ★★☆(10/12/24)

「mission #003」 その名はスペィド

ライブ会場のみで販売しているCD-R(3曲収録)。たぶん2010年夏頃のリリースだと思う。メインボーカルが交替したことによって、前年までとは音楽性が大きく変化したユニットなんだけど、その現在のスタイルを聴くことができる最新盤だ。ダークでスタイリッシュなクラブサウンドの「Obey Me?」、キュートかつ楽しく弾ける「スウィートホリック」、ラウンジっぽいボサノバに思わずニヤッとさせられるセリフが乗っかる「踊らないわ」…と曲調はバラエティーに富んでいる。以前の「お色気スパイ歌謡」みたいな明確なコンセプトはまだ見えてこない感じだけど、それぞれの楽曲の聴き応えは十分で、今後の展開が楽しみになってくる予告編的な作品といえるだろう。 ★★(10/12/24)

「MAYBE TONIGHT / Answer」 CANDLES

男女2人ユニット「キャンドルズ」の8月に配信リリースされたシングル(2曲収録)。このユニットも最近1年くらいでかなり音楽性が変化してるみたいで、いろいろ試聴してみると、前年までの音源は何となくライブで聴ける現在のサウンドとは違う感じ。その中でこの2曲は、いちばん今の彼らのスタイルに近い音といえるのではないだろうか。キラキラしたスピード感のあるポップなメロディー&重低音の効いたクラビーなアレンジ。シンプルなフレーズを繰り返すことで気分はどんどんハイにさせられていく。ヘッドホンで大音量…というのが基本だと思うんだけど、やっぱり生のライブ会場で体感するサウンドにはかなわない感じかな〜。ライブではまだ音源化されてない新曲もけっこうやってるみたいなので、次はそんなナンバーをまとめて聴いてみたいと思った。 ★★(10/12/24)

「御身 -onmi-」 寺尾紗穂

最近のアルバム2作がとても印象的だったので、旧作も聴いてみたいな…ということで買ってみた。2007年4月リリースの2ndアルバム(10曲収録)。1stはミニアルバムだったので、彼女にとっては初のフルアルバムということになる。それだけに、サウンドの隅々にまで気持ちのこもった繊細、かつ大胆な作品に仕上がっている。シンプルなピアノ弾き語りでさえ「豊かな」という表現を使いたくなる独特の空気感に満ち、疑似ライブ仕様の「ペッパ&ソルト」の幸福感、「かくれてないで」「ねえ、彗星」といったバンド編成の曲でのポップに洗練された感覚…など、まさに噛めば噛むほど味が出てくるとはこのことだろう。そして全曲を通して聴き手を惹きつけて離さない歌の力。いつのリリースとか関係なく、長く聴き続けることができる盤だと思う。 ★★★(11/02/03)