CD Review --183--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「JAKAJAAAAAN!!!!!」 住所不定無職

CD7曲+DVD11曲を収録した1st「フルヴォリューム・シングル」。まあ普通に考えればミニアルバムだよね。値段も約1年前にリリースされたフルアルバムより高かったりするし…。ただ、それだけの値打ちは十分すぎるくらいある。とにかく楽しい一枚。演奏しているのは3人組ガールズバンド。いちおう設定ではメンバー全員「ガール」ということになっている。このへんの微妙さもなかなかイイ。タワレコ店頭の激プッシュで知ったんだけど、試聴したらもう買いたくて仕方なくなった。1曲目からキャッチーすぎる曲が並んでいる。中心になっているのはシンプルで楽しいロックンロール。でも、体育会系のイケイケというより、古今の名曲からおいしいこと取りしたような一癖ありそうな楽曲に持ち味がありそうだ。それでいて、決してマニアックな感じじゃないしね。あっけらかんとしてキュートなユリナさんのボーカルにも萌えるわぁ〜。さらにライブ演奏を収録したDVDを見てたら、ステージを見に行きたくてたまらなくなった。スケジュール要チェックですな! ★★☆(11/02/28)

「Synchronize」 LIL

男女2人組ユニットの2ndアルバム(15トラック収録)。これも店頭で「ちょっと新規開拓してみたいな…」と思って試聴して気に入った一枚。サウンド的にはテクノ、クラブミュージックをベースにしながら、メロディアスな歌ものとしての要素もしっかりキープしてる感じで聴きやすい。歌詞は日本語と英語が半々ぐらい。ボーカルの声質も好きだな。収録時間が1時間以上と長く、作業用BGMとしてもってこい。気分的にも盛り上がれるしね。…というわけで最近けっこうリピートしている。ただ、こういうジャンルに共通の難点として、自宅のオーディオ環境だと本来のサウンドが持っている迫力の10分の1ぐらいしか再現できないということがある。もともと自宅でCDかけて聴く音楽じゃないって気もするしね。クラブやライブハウスみたいな空間で大音量で聴いたら気持ちいいんだろうな〜。 ★★(11/02/28)

「メリクリます」 organs cafe

クリスマスシーズンに配信リリースされたシングル(2曲セット)。「メリクリます」は、タイトル通りのクリスマスソング。楽しい雰囲気と冬らしい厚みのあるアレンジ、定番の鐘や鈴の音もきっちり入ってて、12月のライブは盛り上げるぜぃ〜!という感じの仕上がりになっている。題名はこれでいいの?…という気も若干するものの、まあ勢いでOKかな。C/W曲の「chocolat(ショコラ)」は、家族への思いをテーマにした切なさあふれるミディアムナンバー。これもオルガンらしさの出た曲といえるだろう。いずれも季節限定の小品…という感じの作品だけど、サウンドの完成度、ボーカルの深みともにとても高い水準で安定している。当面は配信でもいいから、新作を定期的に聴かせてほしいものだ。 ★★(11/02/28)

「化粧品売リ場ハ ドコデスカ?」 Neko Jump

日本制作の1stフルアルバム(11トラック、実質10曲収録)。内容的には、日本サイドで制作した曲(日本語)とタイでの最新作となる「Secret of Vergin」からの曲(タイ語)がほぼ半分ずつ…というハイブリッド作品になっている。いきなり結論から書いてしまうと、これは意味不明の「闇鍋」みたいなアルバム。1曲ごとに単体で聴けば、まあそれなりに…という感じもあるんだけど、全体的には、先行シングル「Clap Your Sunday」に代表されるようなアニメ系、萌え系を意識した日本制作楽曲と、大人っぽいリアル路線に大きく方向転換したタイ制作楽曲が完全に水と油状態。せめて前半を日本、後半をタイ…みたいな感じに完全に分離した方が後味は良かったんじゃないかな〜。熱心なファン以外にはおすすめできない作品。 ★(11/02/28)

「Secret of Vergin」 Neko Jump

2010年12月リリースのタイでの最新アルバム(8曲収録)。こちらは、現在21歳という彼女たちにふさわしい、大人っぽさとキュートさのバランスがとてもよくとれた楽曲で統一されている。ダンスミュージック的な要素もあるけど、いずれもタイらしいのびのびとしたリズムが気持ちよく、メロディーも親しみやすくて、素直に聴いてて楽しい感じ。もちろんしっとり聴かせるミディアムナンバーも健在だしね。アイドル的な要素の減少分を十分に補っているといえるのではないだろうか。こうしてみると、Neko Jumpの魅力とは「タイポップだから」という部分がかなり大きいような気がする。少なくとも私にとってはそうだ。タイでこれだけおもしろい作品を作っているのに、無理にJ-POPクオリティーの曲を歌う必要はないんじゃないかな。韓流アイドルみたいに、日本語も決してうまくないしね。南国のフルーツは日本風に味つけするよりもそのまま食べた方がいい。 ★★☆(11/02/28)