CD Review --184--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「メトロポリス」 Merpeoples

8曲収録の2ndアルバム。オープニングを飾っているのは、最近のライブでも聴きどころになっているタイトルナンバー。まずはその充実度に惹きつけられる。次々に展開していくメロディーとリズムのおもしろさ。一気に聴かされる。基本的には前作(「Merpeoples」)の延長線上にある作品かな。特に前半はそういうイメージが強いんだけど、全体的に余裕ができてノリが大きくなり、シャルロットさんのボーカルもよりくっきりと聞こえてくる感じ。中盤からは、そこにニューウェーブ的というよりもロックっぽいと表現したくなるような骨太なカラーが加わる。密度のあるサウンドで迫る「Mutter」から、ややテンポを落としてじっくり聴かせる「つかわれない扉」「まぼろし」…と続くあたりで、ここでは懐深く美しいメロディーが印象に残る。マーピープルズの新しい引き出しという感じだろうか。アルバム全体の中でも大きなアクセントになってると思うし、個人的にも好きなパートだ。ラストにボーナストラック的に収録されているカバー曲「い・け・な・いルージュマジック」も楽しいよ。 ★★☆(11/05/08)

「さっちゃん」 平賀さち枝

12曲収録の1stアルバム。ガットギターの弾き語りを中心に、最小限のアコースティック楽器を加えたシンプルなサウンド。曲調はいわゆるフォークということになる。その聴き心地を一言で表すなら「軽やか」ということだろうか。それはまず、彼女の歌声として耳に飛び込んでくる。野に咲く小花のような歌。決して何かを押しつけてくるような力強さはないのに、聴き手の心に鮮やかな印象を残す。何の予備知識もなしにCDショップで試聴して、思わず心をわしづかみにされてしまった。繰り返して聴くと、楽曲の良さもじわじわ沁みてくる。日常的な風景を短歌のように切り取った歌詞。それは「詩」そのもの。きちんと一番、二番という構成があるわけではなく、きりのいいところでぷつっと終わってたりもする。当然、曲もその部分までしかない。だから短い曲が多い。楽曲の構造を守ることに大した意味を見出してない自由さがそこにある。感情ではなく情景描写を基本とするテクニックも、見たものをそのまま書いているように思えて、実は非常に洗練されたものだ。だから、さりげない言葉がとても強いイメージ喚起力を持つ。この曲の女の子はどんな暮らしをしているんだろう…と聴き手の中でどんどん物語が紡がれていく。彼女独特の歌い回しがそのまま曲になったようなメロディーも良い。的確なアレンジが曲ごとの個性を引き立てている。注目していきたいアーチスト。 ★★★(11/05/08)

「旅立ちトランスファー」 Tomato n' Pine

3人編成の「シーズン2」になって2作目となるメジャーデビューシングル(4曲収録)。ダンスミュージック的サウンドと爽やかなボーカル、ストリングスを融合させたフレッシュな楽曲は、まさに現在のアイドルポップシーンにおける最高の清涼剤といえる。メジャーに移籍しても、このサウンドコンセプトはまったく揺るいでいなかった。スタッフの自信の表れだろう。2人だった「シーズン1」の時のデビュー曲を3人用にリメイクした「Life is so beautiful」の心づかいもきめ細かいし、前作に引き続いて収録されてるリミックス(今回は「キャプテンは君だ」)での思い切りの良さも格別。このクオリティーを維持したままフルアルバムまで突っ走ってほしい…んだけど、実はここにトマパイの唯一の弱点がある。中心メンバーであるYUI(小池唯)さんが、どちらかというとグラビアやテレビを主戦場とするアイドルなので(しかもかなり忙しい)、どうも音楽活動に腰が据わらないんだよね。こっちも頑張ってほしいんだけど…。
★★☆(11/05/08)

「愛がほしいよ」 辻詩音

5thシングル(3曲収録)。全体的な印象としては、まずすごくポップさが増したよね。カラフルなサウンドは、2010年の1stアルバム「Catch!」の路線をさらに発展させたものだろう。また、歌詞に込められたメッセージも、初期のやや内省的なフォークロック路線から明るく前向きでポジティブなものへと変化している。シンプルに言えば、とても分かりやすく「売れ線」を狙ってきた印象。ジャケ写のキュートでオチャメな彼女を見れば、ますますそれは明らかだろう。でも、売れ線だから良くないというものでもなく、ファンなら確かな手応えを感じられる曲だし、ライブ向きの盛り上がるナンバーでもある。またぜひライブで聴きたいと思った。ただ、今はまだ彼女のファンじゃない人にとっては、大勢いる若手女性ソンガーソングライターの「よくある感じの一曲」と思われてしまうのかな…。売れ線楽曲の宿命だけど、そこだけはちょっと惜しい。 ★★☆(11/05/08)

「マリアンヌの憂鬱」 キノコホテル

1年以上前の旧譜なんだけど、ふと目にとまったので購入。2010年2月リリースのメジャーデビューアルバム(8曲収録)。改めて聴いてみると、やっぱ完成度はメチャクチャ高いわ。隅々まで計算し尽された濃密なサウンドはまさに魔術的なもの。個性的なボーカルとセクシャルな暗喩に満ちた歌詞の世界観ともあいまって、はるか時空の彼方にトリップしてしまいそうになる。一言でいえばGS(ネオGS?)的なフォーマットということになるんだろうけど、単に懐古趣味というわけではないことも、今回CDでちゃんと聴いてみてよく分かった。このスピード感、ドライブ感と歌謡曲的といってもいい強力なメロディーラインの組み合わせは、たぶん過去にはなかったものではないだろうか。日本発のオリジナルなロックといってもいい。アルバム全体で30分強のライブステージを思わせる構成もメリハリが効いて素晴らしいな。近作もチェックしてみたくなった。 ★★☆(11/05/08)