CD Review --185--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「REAMP!」 THE LET'S GO's

たまたまCDショップで試聴して。ガールズ3Pバンド「ザ・レッツゴーズ」の2ndフルアルバム(13曲収録)。サウンド的には、いわゆるロックンロールですよ。フックの効いたメロディーが印象に残る、ちょっとオールディーズっぽい雰囲気が土台。そこにガレージ的なラフなノリとパワーポップ的な力強いサウンドが加わっている。さらにガールズバンドならではの明るさ、楽しさも目一杯。いちばんの持ち味は第一印象でも感じた「曲の良さ」かな。とにかくいい曲がどんどん出てくる。この系統のバンドってだいたいどの曲聴いても同じ…みたいなタイプが多い気がするんだけど、ザ・レッツゴーズは曲毎のアレンジのアイデアがとても豊富。メロディーとともに変化があって飽きさせない。もう一つは、CDだからというのもあるだろうけど、日本語の歌詞がしっかり聴き取れるボーカルスタイルだということ。声もかわいいしね〜。13曲で40分強というスピーディーな展開。アルバムを聴き通すと、ステージを目の前にしてるような高揚感と充実感がある。実際のライブはどんな感じなのか、すごく気になる。 ★★★(11/07/02)

「天国への階段」 バニラビーンズ

タワーレコードが立ち上げたアイドル専門レーベル「T-Palette Records」に移籍しての第一弾ワンコインシングル(4曲収録で500円)。タイトルナンバーは、よくある有名曲の題名だけいただきパターンかと思いきや、なんとレッド・ツェッペリンの完全コピー(ただしアコースティック・バージョン)。もちろん英語で歌っており、印象としては「誰得?」としかいえないかなあ。まあ、これまでも散々トリッキーなプロモーション手法に命をかけてきたバニビなので、その流れで考えると、「メディアが採り上げやすいネタ」、そして「ちょっと変わったことやってるアイドルという印象を残す」のが目的の、まあでっかい「釣り針」というところだろうか。ファンとしては、C/W曲「ベイビィ・ポータブル・ロック」(ピチカートファイブのカバー)だけで十分ワンコイン分の価値はある。新規ファン向けに代表曲「ニコラ」ほか2曲も入ってるしね。「北欧路線回帰」のきちんとした評価は7月リリースのフルアルバムまで持ち越し。 ★★(11/07/03)

「letters2 〜愛に帰ろう〜」 川江美奈子

作家として他のアーチストに提供した楽曲を、ピアノ弾き語りでセルフカバーしたアルバム「letters」の第二弾。今回はセルフカバー6曲+オリジナル3曲の合計9曲を収録。ファンだったら聴く前から雰囲気がほぼ予想できる…というのが唯一の弱点(?)かもしれない。女性シンガーソングライターによる弾き語りのまさにお手本といえる平均点の高い曲がびしっとそろっている。練り上げられた隙のない楽曲、独特のわずかに泣きの入った歌い回し、ピアノ一台とは思えないほどの豊かな響きを重ねていくアレンジの見事さ…(曲によっては最小限のコーラスやパーカッションなどが加えられているけど)。とりわけ印象に残るのは、やはり川江さんの歌声の艶やかさだろう。「あ〜、この声好きだな〜」と何度も思いながら聴いていた。大人の女性って本当に魅力的ですね。ジャケ周りも前作のフルアルバム(「LIFE375」)がちょっと考えすぎだったのに比べると、すっきりと美しく良い仕上がり。 ★★☆(11/07/03)

「お願いジュンブライト」 牧野由依

最近、声優やアニメ関連楽曲シンガーの曲もちょこちょこチェックしたりしている。これまでは馴染みがなくて、なんとなく手が出てなかったんだけど、自分の好みにあう曲やアーチストも探せば意外に出てくるんじゃないかな…とか思って。これもそんな動機で試聴してて出会った一枚。タイトル曲が化粧品のコマーシャルソングになっている3曲収録のシングル。「なんか80年代っぽいな…」という印象を受けたんだけど、後でクレジットを見たら作者は当時シンガーソングライターとして活躍したEPOさん。アレンジもその頃のヒット曲のエッセンスを取り入れてる感じで、化粧品のCMソング黄金期だった80年代の雰囲気を意図的に再現した曲といえそうだ。キャッチーだし、こういう曲は基本的に嫌いになれないよね。C/W曲には、EPOさんの往年の名曲「う・ふ・ふ・ふ」のカバーも入ってて、こちらも良い。牧野由依さんのボーカルは、アニメ声優っぽい声質ではあるんだけど、十分普通のポップスとしても聴けるさわやかなもの。こういうの聴くと、ソロシンガーによるアイドル的な歌唱っていいなあと改めて思ってしまう。他にもいろいろ聴いてみたくなったよ。 ★★☆(11/07/02)

「Have a Good Day!」 のあのわ

2曲収録のワンコインシングル(500円)。タイトル曲は、化粧品(日焼け止め)のコマーシャルソング。ちょっと聴いただけでのあのわと分かる凝ったアレンジ&サウンドだけど、全体的には初夏を思わせる明るく弾むナンバーに仕上げている。仮にこの曲がフルアルバムの中に収まるとしたら、どうなんだろう、ちょっと気分を変える「箸休め」的なポジションにくるんじゃないかな…と思った。賑やかな曲だけど、あくまでも小品という印象。より彼ららしい深みと奥行きを感じさせるのは、C/W曲の「いいよ」の方ではないだろうか。ゆったりしたミディアムナンバー。淡々とした切なさがあって、何度でも繰り返し聴きたくなる。お手頃なワンコインシングルだから、タイトル曲とはタイプの違うこういうナンバーが収録されてるってだけで、けっこうお得な気分になれる。 ★★(11/07/02)