CD Review --186--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「バニラビーンズII」 バニラビーンズ

オリジナルアルバムとしては約2年ぶりの2ndフルアルバム(15トラック:実質11曲収録)。ティーパレット移籍後初のアルバムでもある。全体的な印象を一言でいってしまうと、初期のシングル2作「ユーラヴミー」「ニコラ」で確立されていたバニラビーンズの北欧風アコースティックポップス路線をさらに発展させたアルバム…という感じかな。その後のコンセプト的な紆余曲折については、きれいになかったことにしていて、思い切りがいいというか清々しい作品になっていると思った。通して聴くと、前半には勢いのあるポップな楽曲が集中的に配置されていて、まさに一皮むけたバニビを感じさせる素晴らしい出来ばえとなっている。「ニコラ」の続編をイメージしたという「エルスカディー」やロックっぽい楽しさも感じさせる「ドクター、お願い」、そしてこれはもう名曲と言ってしまっていいでしょう「Summer vacation」…などなど、まさに聴き飽きないナンバーの連続だ。反面、後半になると、よく考えてとても丁寧に作られているのは分かるものの、やや内向きな曲が多くなる印象。前半のエネルギーを最後まで維持できていれば文句なしの満点だったんだけど…。とはいえ、「チーム・バニビ」がこれだけのクオリティーの作品を作れることを示した意味も大きいと思う。楽曲志向を自認するアイドルファンにはぜひ聴いていただきたい盤。 ★★☆(11/09/08)

「tear drop」 EmiLy

9曲収録の2ndアルバム。まったく予備知識なしでライブで見て、なんとなくピンとくるものがあり、さっそくその日のうちに購入。結論からいえば、これはいいですよ〜。何から書いたらいいんだろうな。楽曲、歌唱、アレンジ…すべてが一つの世界観で統一されていて、1曲目の始まりから最後の曲のエンディングまで、まわりの景色をがらっと変えてしまうような…そんな音楽のマジックに満ちた盤。メロディーも歌詞もボーカルも、とにかくクオリティーが高いんだけど、聴いてる間はクオリティーがどうの…みたいなのは忘れてしまって、ただただ曲の世界に引き込まれてしまう。サウンド的にはいわゆる「ポップス」。全体的なコンセプトはたぶん「ガーリー」。だから、もちろん甘さはあるんだけど、ベタベタするような甘さじゃなくて爽やかな甘さ。背筋がすっきり伸びるような。それは、タイトルの「ティアドロップ」に象徴されてるように、切なく辛い思いを歌った曲が多いせいかもしれない。一見楽しそうに見えても、実は悩みも苦しみもあるのが青春というもの。でも、前を向いていこうというポジティブな意思が感じられるところがいい。それがいちばん表れてるのは「reset」かな。何度でも繰り返して聴きたくなる。 ★★★(11/09/08)

「Gyao! Gyappy!! Gyapping!!!」 bomi

「宝美」から「bomi」へと改名しての1作目。5曲収録のミニアルバム。宝美当時のライブは1度だけ聴いたこともあり、その頃の音楽性も良かったんだけど、がらっとイメージを変えての新作もなかなかのものではないだろうか。サウンド的には全体にロックっぽくなった感じ。でも、フックの効いたメロディーや不思議と耳に残る歌詞のフレーズ…などポップといえる要素も強化されている。冒頭の「KANZEN Wo Ai Nii!!」でまず惹きつけられる。そして、歌い上げるというよりはリズムへのノリを重視している感じのボーカルもカッコいい。ここぞというところでぐっと引きつけて聴かせるパワーも十分だしね。メロディアスなサビが印象的なM3「泣きっ面リリー」やラストにアクセントをつけるミディアムナンバー「Pregado」など起伏に富んだ構成も魅力的。またライブ見てみたいな。 ★★☆(11/09/09)

「Hi! How Are You?」 のあのわ

5曲収録のミニアルバム。先行してシングルでリリースされた「Have a Good Day!」をリード曲にした、いわば夏向け企画ものアルバム…といった趣の作品だけど、実際に聴いてみると、そんな先入観を軽く上回る充実した内容。のあのわらしい緻密なサウンドづくりと夏らしい爽やかさ、解放感がまったく不自然さなく共存してる。バンドとしての引き出しを確実に増やした一作といってもいいのではないだろうか。シングル曲以外だと、これまでにないかわいい仕上がりの「Namida、Prori」やスピード感たっぷりの「Everynight」…などが印象に残る。でも、だいたいどの曲もいいから、捨て曲なしと言い切っていいと思う。…とまあ、こんな評価をするのは、私が彼らのサウンドの中でもポストロック/プログレ的要素にそれほどこだわってないからだろうな(それはそれで好きだけどね)。でも、主にそこに共鳴してたとすると、ちょっと「物足りない」という反応になったかもね。 ★★☆(11/09/09)

「GET IT ON!」 Negicco

ティーパレット移籍後初のミニアルバム(5曲収録)。NegiccoのCDを買ったのはこれが初めて。内容的には、新曲1曲+代表曲4曲を新録音で…という感じなので、比較的ファン歴の浅い私なんかにはぴったりだったかも。サウンド的には、ディスコミュージックとシティポップの要素をミックスしてアイドル的に消化した感じ。どれもステージ映えする曲ばかりで楽しいよ。その中でも、表題曲「GET IT ON!」やラストに入ってる「Falling Stars」みたいに、ノベルティー度を低めに抑えて、真正面からポップスに取り組んでるナンバーが特に好きかな。このCDを聴いて改めて思ったのは、「やっぱりNegiccoはライブアイドルだな〜」ということ。ステージでの彼女たちは本当にチャーミング&ファンタスティック。ライブ会場で聴けば重低音もバシバシ響いて盛り上がり最高。そのライブの残像を頭の中で再生しながら聴くと、このアルバムはさらに楽しく聴けると思う。 ★★(11/09/09)