CD Review --189--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「音紡ぎ」 初音

約3年ぶりの2ndフルアルバム(13曲収録)。この3年間というのは、「奥村初音」から「初音」へとアーチスト名が変わっただけでなく、さまざまなライターやアーチストとのコラボによる楽曲を歌い、いわば試行錯誤を繰り返してきた時期でもあった。もともと彼女は、自作曲を歌うシンガーソングライターとしてデビューしたのだから、そこには本人にしか分からない葛藤もきっとあったことだろう。しかし、結果として出来上がった本作は、そんなバックグラウンドの複雑さなどまったく感じさせることのない素晴らしいアルバムとなっていた。聴くたびに心が洗われるようなピュアな歌声、温かさが基調となった詞の世界、そしてそれらを生かすリリカルなアレンジ…。音楽的にはポップスの範疇に入るものだろうが、あえて「歌謡曲の現在形」とでもいいたくなる切なく美しい世界が広がっている。リリース当時はやや唐突感があった、ラップをフィーチュアしたシティポップ調の2曲も、ここではソロバージョンで収録し、全体の中での良いアクセントになっている気がした。もちろん収録曲の過半を占めているのは彼女の自作曲だ。そのソングライターとしての魅力も十分に味わうことができる。 ★★★(12/01/14)

「MAGICAL GIRLS」 エイプリルズ

約2年ぶりの新作は、初CD音源化の4曲+代表曲のリミックス・バージョン4曲の計8曲を収録したミニアルバム感覚の一枚。まず新曲からチェックしてみよう。どの曲もいかにもエイプリルズらしいワクワクするような楽しさ一杯なんだけど、やはり注目はタイトルナンバー「MAGICAL GIRLS」。「その名はスペィド」の「ブラックマジック」からイントロのコーラスパートを大胆にサンプリングしたコラボ曲。「♪マジカル マジカル〜」の部分が強力でまず耳に残るけど、全体のメロディーやかわいい歌詞もそのインパクトにまったく負けてない。もう1曲あげるとしたら、ライブでもおなじみの「ピ・ピ・ピ・ミュージック」かな。改めて音源で聴くと、そのスピード感とキラメキ感に圧倒される。本作は収録曲すべてがイマイケンタロウ氏の作詞&作曲。本当に才人だよね〜。一方のリミックスの方は、1曲毎に異なる気鋭のアーチスト、DJを起用。オリジナルバージョンを聴き込んでるほど新鮮に聴けることだろう。 ★★☆(12/02/08)

「ジングルガール上位時代」 Tomato n' Pine

4曲収録のシングル。タイトルから分かるように表題曲はクリスマスソングである。今ごろレビューして申し訳ない。でも、内容は期待を裏切らないものとなっている。楽しさとデート前のドキドキ感が詰まってて、しかも単に元気なだけじゃない奥行きが感じられるところがとても良い。この「奥行き」はどこからくるのだろうか。そう考えた時、ふと「声と年齢」ということを考えた。実は、昨今のアイドルブームの中で、私のお気に入りはバニラビーンズ、Negicco、そしてこのトマパイ…とすべて平均年齢20歳以上のユニットばかりなのだ。女性は一般には声変わりしないと言われるけど、男性にくらべて変化が少ないだけで、実はあるのである。中高校生ぐらいまでの声と20歳をすぎて大人になった女性の声は明らかに違う。微妙な違いではあるけど、この声質の違いが生む「落ち着き」というのは大きいんじゃないかな…なんて。C/W曲では、やはりM3「ワナダンス」の本格的ディスコミュージックにやられた。この路線の曲ばかり(できれば同じBPMで)10曲並べたアルバム聴いてみたい…。 ★★☆(12/02/08)

「COLORFUL」 おるがんずかふぇ

結成10周年を迎えたオルガンの約2年ぶりの新作アルバム(8曲収録)。この2年間に配信のみでリリースした曲やライブのみで披露していた新曲…をまとめたCD-R盤で、今のところライブ会場のみでの販売となっているようだ。前作「拝啓。」で鮮やかだった南欧風の伸びやかなモチーフの延長線上にある「月の砂漠を歩いてみたり」や「センチメンタルん」、表題曲「カラフル」…などは完成度も高く、個人的にもすごく好きなライン。また、どんどん自由になっていく感じのある「愛してる」や「mottainai」などは、まさに今のオルガンを象徴する曲といえるだろう。ただ、サウンドがどんどん洗練されてきているのに対して、歌詞に関してはもっと磨ける余地があるような気もする。ラストに井上陽水のカバーで「鍵の数」が収録されている。これが絶品。陽水の歌詞も決して分かりやすくはないけど、やはりメロディーにのるとイマジネーションがどんどん広がっていく。ボーカリスト・加藤沙香菜の力量に詩人・加藤沙香菜が追いついてきたら…間違いなく三ツ星の作品が生まれる時ということになるだろう。 ★★☆(12/02/08)

「TOKYO POP'N'POLL STANDARD NO.1 FROM TOKYO!!!」 住所不定無職

7曲(隠しトラックも入れれば8曲)収録の2ndフルボリュームシングル。まあ実質的にはミニアルバムですけどね。タイトルでロックンロールじゃなく「ポップンポール」と公言してるくらいで、前作よりもさらにポップ色の強い楽曲が並んでいる。60年代のガールグループ(それもわりとブラックミュージック系)の楽しさを現代に甦らせる…というコンセプトがより分かりやすくなったともいえる。カジヒデキ氏をプロデュースに迎えたM3「キスキス」とか、ダーレン・ラブの「クリスマス」へのオマージュM7「ハッピ!ハッピ!クリスマス…」などなど、どの曲も楽しいけど、ロックンロール的なダイナミックな楽しさというよりは、やっぱりポップス好きが思わず「ニヤリ」としてしまうようなよく練られた楽しさなのだ。ただ、ライブだとそこにガレージロックっぽいスピード感やいい意味でのラフさが加わって、さらに重層的な魅力に変化する。メンバーを1人増やして4人にするという発表もあったみたいだし、これからも目が離せないな。 ★★☆(12/02/08)