CD Review --190--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「朝を開けだして、夜をとじるまで」 YeYe

京都在住、22歳のシンガーソングライター「ィエィエ」の1stアルバム(8曲収録)。2011年12月リリースだけど、店頭で試聴する機会があったのは2月になってから。アコースティックでふわっとしたサウンドと声がかわいいのがいいな…と思って買ってみた。けっこうジャンル分けしにくい音楽で、「まあポップスだよねえ…」ぐらいしか言いようがない。でも、聴いてると心がどんどんオープンになっていくような爽やかさと開放感が印象に残る。ちょっと木下美紗都さんを思い出したりした。作詞・作曲だけでなくアレンジから楽器演奏まで、全部自分でやってしまうというところも似てる。ただ、メロディーにもボーカルにも、少しずつ「甘さ」が増量されてる雰囲気。何度か聴いてるうちに、この声質は南野陽子さんっぽいな…とも思った。これ、けっこう胸キュンポイントですよ。オープニングから3曲目までは親しみやすいテンポのいい曲、中盤は彼女のコアを感じさせるようなミディアムナンバー、そして終盤2曲は高揚感と透明な安らぎが広がる中で作品の幕を閉じる。緩急のついたこの構成もとてもいい。 ★★☆(12/02/24)

「トキノカケラ」 バニラビーンズ

3曲収録のシングル。パッケージには「レナ・バージョン」と「リサ・バージョン」があって、3曲目はそれぞれのソロ曲(いずれも山下久美子のカバー)が入っているから、両方買って4曲セットで聴くのがファンのたしなみというもの。タイトル曲は切なさ全開のマイナーチューン。アイドルといえば、やっぱ「哀愁」だよね〜と思わず言いたくなる。昨今は勢い重視の大人数グループものが主流だから、特にシングルではほとんど聴くことができなくなってる曲調じゃないだろうか。他のユニットものアイドルとは一味違うバニビらしさをうまくアピールできるコンセプトだなと思った。2人の声質にあわせて選曲されたカバーを含めC/W曲もいい感じ。ただ、アレンジに関しては全体的に無難すぎたかな…。もうちょっと何かフックが欲しかった。またサウンド(録音)の面でいえば、リズムパート中心に音が薄いというか、メリハリがない印象も。せっかく楽曲がいいのに惜しい感じ。 ★★(12/02/24)

「Precious tone」 麻生夏子

12曲収録の2ndアルバム。実はこれ、重複して買ってしまった友人からの頂き物。麻生夏子さんは、TVなどで見て「かわいいな〜」と好感は持ってたけど、CDをちゃんと聴くのは初めてとなる。第一印象は、やはりアニメ系ならではというか、ガチャガチャした曲調がやたら耳に残った。特にヒャダインこと前山田健一氏の曲は個性が強烈。「やっぱアニオタ専用か…」としばらく聴いてなかったのだけど、このレビューを書くために改めて聴き直してみると…印象が大きく変わった。「ヒャダイン最高!」。どうやらウォーキング中にiPodで聴いたからかな。速足で歩いてると、徐々に身体も温まりウォーカーズハイ状態。そこに前山田氏のイケイケの曲はばっちりハマるのだ。むしろヒャダイン(的なアッパー)曲で全部固めてほしい、中途半端なJ-POP曲はいらない…という気分になってくる。要するにライブなどで身体全体で楽しむのに最適化された音楽ってことなんだろうな。ボーカルは無難でどちらかといえばあまり個性はない方かも。でも、その方がクセの強い前山田曲のパーツ(部品)としては都合がいいのだと思う。ヒャダイン曲の比重がもっと高かったら星2つつけたかも。 ★☆(12/02/24)

「再出発(はじまり)」 美元智衣

ライブで聴いていいなと思って買った旧譜。2008年4月リリースの1stミニアルバム(6曲収録)。表題曲でもある「再出発」は、20代前半に一度デビューして引退していた彼女が、再び歌うことを決心して再始動した時の気持ちを表している。そう、彼女の歌は、一度挫折したり、思うようにいかない出来事に直面したりした経験のある大人の女性の心情を素直に歌っているところに持ち味がある。タイトル曲以外でも、遠く離れて暮らす母への気持ちを歌ったM3「MOTHER」や、結婚することが決まった女友達に語りかけたM4「君がお嫁に行ってもWe're friends」…など、とても繊細な感情が一篇の物語となって聴き手の心に共感を呼ぶのである。サウンド的にはアコースティック、ボーカルがくっきり浮かび上がるようなリリカルで美しいメロディーのミディアムナンバーが中心。奇をてらわないごく普通のポップスといってしまえばそうなんだけど、聴くほどに味わいが増すような深さと豊かさがある。春の別れ、旅立ちを歌ったラストのM6「青い明日へ」も好き。フォーク調の優しいメロディーが印象的で何度も繰り返して聴いてしまう。 ★★★(12/02/25)

「I miss you」 美元智衣

2009年4月リリースの2ndミニアルバム(7曲収録)。コンセプト的には前作の延長線上の作品といっていいだろう。ラテンリズムを導入したM3「あの日に戻りたかっただけ」、切ない和風メロディーが心に沁みるM4「おぼろ月」…など、サウンド的にも洗練され、音楽的な幅が広がった印象を受けると同時に、日常の中で感じる焦燥や不安、それでも前を向かなくてはね…と自分に言い聞かせるようなM5「群青なる想い」やM1「トーキョー」…といった、彼女の原点を感じさせる曲も強く印象に残る。美元智衣さんのボーカルについても書いておこう。素直に上手いしとても聴きやすい。しっとり落ち着いた大人っぽい声でありつつ、女性らしい華やかさと可憐さが共存している。作詞・作曲も自分なので、歌詞やメロディーがすべて彼女自身にぴったり合うように作られているというのも大きいかもしれない。ボーカルが生きるアレンジを担当してるスタッフの的確な仕事ぶりも素晴らしい。 ★★★(12/02/25)