CD Review --192--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「23歳」 平賀さち枝

6曲収録の2ndアルバム。デビューアルバムがリリースされてからの約1年間のさまざまなライブで歌い込んできた楽曲を中心に構成された作品。普段の彼女のライブは、ガットギターによる弾き語りスタイルがほとんどだけど、このアルバムでは半分以上の曲をバンドアレンジで収録している。バンドといってもアコースティック楽器主体のすっきりしたサウンド。透明感が持ち味の彼女の世界を損なうことなく、より新鮮に聴ける。ハイライトはM2「江の島」かな。きらきらした夏の光線の中でいつの日かの思い出が心の中をよぎっていく…。1stコーラス終わりでリズムが入ってくると、モノクロの情景がカラーに変わる。ああ、彼女がやりたかったのはこの色彩感なのかな…と思った。もう一曲、注目曲をあげるならM6「パレード」だろう。この曲は、弾き語りの曲を後からバンドアレンジにしたというのではなく、最初からバンドの音をイメージして書かれた曲のような気がする。まだ新しいスタイルを模索してるようなところもあるけど、どんどん挑戦したらいいと思う。 ★★☆(2012/04/23)

「これからのこと」 ユメオチ

男女6人組バンドの1stアルバム(8曲収録)。買った直接のきっかけは店頭での試聴だったけど、存在自体はそれ以前から知っていて、YouTubeでセッション風景の動画などを見たこともあった。知っていた理由は、ボーカルの寺岡歩美さんが「tera」名義でソロ活動していた頃に、何度かライブを聴きに行ったことがあったから。彼女の歌声はけっこう好きだったので、機会があればまた聴きたいなと思っていた。そんな寺岡さんのボーカルは、この作品でもとても良い。期待通り。爽やかな声質と豊かな表情を持った歌。それだけでももちろん満足度は高いのだけど、もっと大きな満足と楽しみを与えてくれるのが「楽曲の良さ」だろう。7曲が行達也氏の作曲。行氏といえば、下北沢モナレコードのオーナーであり、プロデューサーとしてのイメージが強くて、ご自身でこんな良い曲を書いてしまう音楽家だという認識は失礼ながらなかった。素朴さの中から切なさがにじみ出てくるようなロマンチックなメロディーが、カントリー/フォーク的な味わいのある、カラフルでバラエティー豊かなアコースティックサウンドにばっちりはまっている。ほとんどの曲で歌詞を書いている保坂ねこさんのフレーズも印象的。スピード感のあるオープニングからバラードの最終曲まで、パッケージ全体のバランス、構成のセンスもさすがだ。繰り返して何度も聴きたくなる盤。 ★★★(2012/04/23)

「チョコミントフレーバータイム」 バニラビーンズ

初回盤の場合4曲収録のシングル(通常盤は2曲)。タイトルナンバーは春らしい軽快なポップチューン。北欧風かどうか…なんてもうどうでもいい感じで、ちょっとオールディーズっぽいサウンドによって独自の「バニビらしさ」が生まれつつあるように思う。難しいことは考えずに楽しく聴けばいいんじゃないかな。イベントなどでは、「私たちのデビューからの5年間をぎゅっと詰め込んだ歌詞にもご注目…」的な話を毎回してるけど、正直これほど歌詞が頭に入ってこない曲も珍しい。現場で、PVで、CDで…と百回近く聴いてるはずなのに、サビの印象的なフレーズのいくつか以外はちっとも思い出せないのだ。でもそれでもいいんだと思う。たまに歌詞カードを見て、「こんな曲だったのね〜」としみじみするのもありだと思うし。むしろ、歌詞を含めて感慨深いのは、C/W「ひとつのうた」の方だろう。育ちも考え方も違う2人が今バニラビーンズとして「ひとつのうた」を歌っているという運命の不思議さがストレートに描かれた曲。シンプルなメロディーがそんな歌にぴったり。そして、初回盤限定の「1969年のドラッグレース」は大滝詠一のカバー。この曲はバニビ史上でもトップクラスにカッコいい仕上がり。いいね! ★★☆(2012/04/24)

「しょうがないマイラブ」 タルトタタン

女性2人組ユニットの1stシングル(3曲+リミックス1曲収録)。ヴィレッジヴァンガードのみで限定販売されていたCDで、ツイッターか何かで流れてきた情報をきっかけにYouTubeの動画を見て、「けっこういいな…」と思って買ってみた。サウンドプロデュースが相対性理論のメンバーでもあるアゼル&バイジャンということで、すでに多方面から注目されてるみたいだけど、そんな予備知識を抜きにしても、これは聴きやすいしとにかくキャッチー。歌謡曲っぽい適度な湿り気のあるメロディーと浮遊感のあるさらっとしたサウンドのバランスがなんともいえない。ボーカルは女子2人組という以外に情報がなく(ジャケットには顔写真はあるけど)、曲を聴いてもパーソナルな存在感が前面に出てくるということもあまりない。現状では、あくまでもサウンドプロダクションの中におけるボーカリストという「役割」に徹してる印象。だけどこれはこれで悪くないと思った。C/W曲もほっこりした曲でそれぞれ楽しめる。このまま単発で終わってもいいし、続きがあるならまた聴いてみたいと思う。 ★★☆(2012/04/24)

「アイの島」 美元智衣

2010年に配信リリースされた3rdアルバム(7曲収録)。これまで、恋愛や家族、友情、人生の岐路に立っての決断…などさまざまな思いを歌にしてきた彼女が、本作ではずばり「恋愛」一本に絞った作品づくりに挑んでいる。1曲目から6曲目まで、すべて恋愛のさまざまな情景を描いたラブソングになっているのだ。しっとり美しいメロディーと大人の情感を深く湛えたボーカル。一篇一篇がまるで物語のような曲が詰まっていて聴き飽きない。すべての作詞・作曲は美元智衣さん自身。ソングライターとしての実力にもうならされる。池田大介氏のアレンジもまさに職人技だしね。そして7曲目では、ライブでもよく歌われていて彼女の代表曲ともいえる「キミだけのRainbow」が聴ける。この曲だけはラブソングではなく、「思い通りにいかないことがあっても負けないで」という応援ソング。彼女の応援ソングにだったら素直に応援されたいと思ってしまう。「恋愛」をテーマにした大人っぽいライブの華やかなアンコール…といった雰囲気かな。 ★★★(2012/04/24)