CD Review --193--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「センチメンタルなリズム」 植田真梨恵

2012年4月リリースの1stフルアルバム(13曲収録)。過去3作のミニアルバム(いずれも7曲収録)がそれぞれ非常に密度の濃い作品だったので、あまり「初のフルアルバム」という印象はないんだけど、彼女の気合いはそれまでの作品の倍近い収録曲数からもよく伝わってくる。気合いが入っているのは内容も同じ。とにかく平均点が高い。一曲ごとに込められた情念の深さと20代になっていっそう表現の幅を広げたボーカル。基本ロックベースのバンドアレンジで、ガシッと骨太のサウンドは聴き応え十分だ。メロディーもよく練り込まれているし、どこから聴いてもはずれがないという感じの作品ではないだろうか。ただ、あえて指摘するなら、テンションの高いナンバーが13曲も詰まっているので、数回聴いたぐらいでは全体像がつかみにくいような気がしたこと。もう少し気軽に聴ける要素があるとより親しみやすくなるのではないだろうか。M6「G」みたいなキャッチーな曲をうまく生かしたい感じ。 ★★☆(2013/01/23)

「evergreen」 星村麻衣

リリースは2012年4月。現在のレーベルに移籍してからは初のフルアルバムである(10曲収録)。リード曲はM3「くにびき大橋」。彼女自身の故郷である松江市の情景や思い出を歌ったミディアムナンバーで、素直な言葉と肩の力が抜けた優しいメロディーが聴き手の胸に沁み込んでくる名曲となっている。実はこのアルバム、「買おうかどうしようか…」と最初は迷っていたのだけど、「くにびき大橋」のPVを見た瞬間に、「この一曲のためだけにでも買う価値あるな!」と判断。もちろん実際に聴いてみると、他にも良い曲はあるわけで、M4「共鳴」、M5「You」…と続くあたりの味わいが特に深い。ともすれば不安にかられそうになる自分を肯定しようよ…という感じの曲で、これは彼女が自分自身に言い聞かせている言葉でもあるのだろう。そんな気持ちのこもった曲を中盤に集め、その前後をポップで楽しい曲で固めた本作。唯一ジャケットデザインの地味さが惜しいけど、やはりそのメロディメーカーとしての実力を再確認できる充実した作品だ。 ★★☆(2013/01/23)

「EVOLUTIONAL FORM」 CANDLES

2012年5月リリースの1stミニアルバム(6曲収録)。本作以前のリリースはすべて配信だったので、手に取れる形でのCD(盤)の発売はこれが初めて。そんなわけでライブでおなじみのナンバーをまとめて聴ける内容となっている。ファンにとっては待望の作品だったわけだけど、その評価は意外に難しいと思った。キャンドルズの音楽性が「歌もの」でありながら、同じような曲を延々と続けることによってフロアにノリと高揚と陶酔をつくり出す「ダンスミュージック」にかなり振っているからだ。実際、ライブレポでも「どれも同じような曲」「でもそこがいい」といったことを私自身何度か書いている。でも、それがCDになると微妙に評価軸が変わってくる。結論としては、曲の良さは大前提として、ライブと同じレベルでの楽しさがあるかと問われると「まだない」ということになってしまうのではないだろうか。定番曲の中でもキラーチューン度の高い「MAYBE TONIGHT」が入ってないところもちょい残念。 ★★(2013/01/23)

「ノンセクション」 バニラビーンズ

2012年7月リリースのシングル(初回盤は3曲収録)。CDで聴くのとライブで見るのとで印象が大きく違う曲。普通に音だけ聴いてると、終わった後にどうも印象が残らない。前作「チョコミントフレーバータイム」の時、「歌詞が意外に残らない」と書いたんだけど、この曲はメロディーやサウンドも残らない不思議な曲だ。ところが、ライブで見ると非常にダイナミックで、いわゆる「ステージ映えのする曲」ということになる。だからライブでのこの曲は大好き。ただ、代表曲にはならないだろうな…という気はする。C/W「秘密」は本格的なジャズ・アレンジを導入した意欲的なナンバーだけど、ちょっと消化しきれてない印象だろうか(非常に難易度の高い曲でもある)。初回盤のみ収録の「君が僕を知ってる」はRCサクセションのカバーで、バニビらしい清涼感はこっちの方が上だろう。 ★☆(2013/01/23)

「あなたとPpo With You!」 Negicco

2012年6月リリースのシングル(2曲収録)。このところ「Negiccoらしいサウンド」というのがしっかり確立されてきているようで、とても頼もしくなってくる。タイトル曲は、現代的なクラブサウンドに80年代ディスコ歌謡のエッセンスを振りかけた、おいしいメロディーたっぷりのキラキラポップチューン。オールドアイドルファンでこういう路線が嫌いな人はいないじゃないかな〜。もちろん私も大好き。思わず体が動き出してしまう感じだし、何よりニヤニヤが止まらない…という気持ち悪い現象を引き起こす曲でもある。使われてる音自体はやや軽め。そこでチープという言葉を連想する向きもあるかもしれないが、それも含めてNegiccoらしい「ガレージ感」と解釈すればいいんだと思う。C/W「トキメクMERMAID」もアイドルらしいかわいらしさの中に、ヒッポホップの要素などがフレーバー程度にまぶしてある曲。このバランスがなんとも絶妙なのである。 ★★☆(2013/01/23)