CD Review --196--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「mishmash*Julie Watai」 mishmash*Julie Watai

美島豊明、マスヤマコム両氏による音楽プロジェクト「mishmash*」(みしゅましゅ)に、フィーチュアリングボーカリストとしてJulie Wataiさんが加わったユニットの1stアルバム(6曲13トラック収録:各曲の日本語詞・英語詞の2バージョン+別アレンジ1曲)。リリースは2012年12月。ただ、私が買ったのは、その2カ月近く前(10/13)のライブ会場での先行販売だったりする。サウンドの雰囲気をざっくりまとめてしまうとエレクトロニカを基調にしたポップかな。キャッチーなナンバーからサイバーな浮遊感が印象的な音響っぽい曲まで幅広い。そして、全体に漂うのは独特の緊張感、一瞬も気を抜けないような危うさ…ではないだろうか。Julie Wataiさんの甘くささやくようなボーカルもそんな不安定な空気感を強調しているようだ。最終曲にはミーナのカバー「砂に消えた涙」が収められており、テンションの高い時間のあとのアンビエント的な位置づけとなっている。ステージでのビジュアルとともに体感するのが正しい聴き方のような気がする。 ★★(2013/01/26)

「はじめての気持ち」 chay

ソロのシンガーソングライター「チャイ」さんのデビューシングル(2曲収録)。リリースは2012年10月。ライブハウスで何度か聴いて「いいな…」と思ってたので。CDを手に入れてクレジットを見ると、タイトル曲の作詞はchayさんだけど作曲は西尾芳彦氏となっている。C/W曲も「高気圧ガール」(山下達郎のカバー)だし、まだ自作では勝負させてもらえない感じなのだろうか…。とはいえ、この「はじめての気持ち」自体はけっこう好きな曲。まず、ボーカルが柔らかくてとても聴きやすい。サビ前のちょっとファルセット気味に歌うところとか、表現力も感じる。メロディーもかわいいし、フレッシュ感のあるデビュー曲になっているのではないだろうか。M2「高気圧ガール」も意外にしっくり。これはこれでいいけど、オリジナルも聴きたかったな。ちなみに2作目はミニアルバムで全曲カバーだとか。うーむ…。 ★★(2013/01/26)

「恋のオーケストラ / 放課後の約束」 吉谷彩子

アニメ「謎の彼女X」のオープニング曲とエンディング曲。CDとしてはリリースされておらず、2012年7月からITSでのみ配信されている。この2曲を知ったのは本当にたまたま。サウンドプロデュースを手がけた北川勝利氏が出演したラジオ番組でかかっていたのだ。そのオンエアを聴いた瞬間、一撃でノックアウトされてしまった。「なにこれ、かわいすぎる!」。胸キュンソングとはまさにこういうことだろう。北川サウンドなので、もちろんいわゆる「アニソンっぽさ」はほとんどない。洗練されたポップソングになっている。でも、2人だけに通じる恋の秘密を歌った歌詞、そして吉谷彩子さんの可憐でどこか頼りなげなボーカルがそこに加わると、甘くて切ない唯一無二の世界が出現する。本職のシンガーではない彼女をボーカルに起用しているからこそのリアルな女の子の気持ちが伝わってくるようでもある。しばらくはエンドレスでリピートしまくったものだ。ラジオ番組のインタビューで、北川氏はそのへんまで全部計算していた…的な発言をしている。2曲だけで終わるのは本当にもったいないコンビではないだろうか。 ★★★(2013/01/26)

「SWAP」 印象派

大阪を拠点として活動している女性2人組ユニットのタワーレコード限定シングル。リリースは2012年9月。私が買ったのは初回限定盤で、2曲収録のシングルに、さらに2011年の旧作シングル「High Vision / Endless Swimmer」(2曲収録)が同梱されている(つまりCD2枚セット)というけっこう珍しい仕様の商品。予備知識なしに試聴して思わずレジに直行したんだけど、とにかく最初からものすごく鮮やかな印象を残すサウンドだった。どういう音楽かというのはかなり説明しづらい。大まかにはダンサブルなロックという感じだけど、ノリノリで踊るということではなく、聴いているうちに夢幻の世界に引き込まれていくような麻薬的なサウンドなのである。重ねられたボーカル、コーラスもそうだし、序盤は単調なメロディーを積み重ねていき、ブリッジにかかると一気に印象的なフレーズを繰り出して、音空間をグヮーンと広げるようなドラマチックな構成もクセになる。CDを聴いただけではどんなライブをやっているのかまったく想像もつかない。ぜひ生でも聴いてみたいバンドだ。 ★★☆(2013/01/26)

「Chit Chat Chiroline」 新・チロリン

2012年8月リリースの1stアルバム(11曲収録)。チロリンは1980年代に岡田徹氏がプロデュースしたガールズユニット。その2代目として新メンバー4人を選んで再起動したのが「新・チロリン」。年代的には私も初代を聴いててもおかしくないんだけど、当時はなぜかご縁がなかったみたいで、今回初めてチロリンのサウンドに触れた。楽曲は6曲がリメイク、5曲が新曲。新曲は、岡田氏と一緒に「CTO LAB.」をやってるエイプリルズのイマイケンタロウ氏、ELEKTELのPolymoog氏、さらにはアーバンギャルドの松永天馬氏、浜崎容子さんなどが提供している。…と前置きが長くなったけど、いきなり全体的な感想にいくとこれはすごく楽しい作品! サウンドは、CTO LAB.のガジェットテクノをよりアコースティックに振った感じかな。リメイクではM3「チョコレイト戦争」やM10「うわのそらを」などがやっぱり名曲だよね〜という感じだし、作家の個性が出まくった新曲もそれぞれ楽しめる。個人的にはけっこう好きなアーチストが集結してる感じなので、気に入って当然という感じでもあるんだけどね。1曲選ぶならPolymoog氏のM9「Please」かな。ボーカルは全員曲に加えて、メンバーの個性を生かしたソロ曲もあってバラエティ感も十分。どうも常設ユニットではないみたいなので、これっきりになりそうな気配も濃厚なんだけど、続きがあればぜひ聴いてみたいな。 ★★☆(2013/01/26)