CD Review --197--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「1st LIVE AT SHIBUYA WWW 20120901」 タルトタタン

2012年9月1日に行われたタルトタタンの初ライブの様子を収めたライブ盤(7曲収録)。当初配信のみの音源として販売されていたものだが、11月にタワーレコード渋谷店がリニューアルしたのを記念して「渋谷店限定盤」としてCDでもリリースされたものである。以前は、ロックやポップスでも音のみの「ライブ盤」はけっこうあったものだが、DVDやネット動画などの普及で、最近は非常に少なくなっている。改めて聴くと「こういうのもなかなかいいなあ…」と思えてくる。曲はすべて1stアルバムに収録されているもの。でも、生演奏ならではのダイナミックさが伝わってくるし、1曲ずつあるソロ曲では歌ってない方のメンバーがキーボードを弾く演出もあったりして、ディテールまで楽しめる。簡単だけどMCをそのまま収録してるのも臨場感があっていいな。ちなみにこの日は、メンバーチェンジによって新加入した有井優さんの一般へのお披露目でもあった。そんな彼女たちの節目の記録という意味でもファンなら聴いておきたい内容といえるだろう。 ★★☆(2013/01/27)

「バニラビーンズIII」 バニラビーンズ

2012年11月リリースの3rdフルアルバム(通常盤は13曲収録)。本作のコンセプトは「バンドアレンジ」ということ。ステージでもバンドの生演奏だけで完全再現できるような「ライブ感のあるサウンド」にこだわって作ったということだろう。実際、リリース翌月に行われた「バニビ史上初のバンドライブ」(@新宿LOFT)は大成功で、私もこの日は大いに盛り上がったのだった。ところが、ライブではとても良かった曲がCDでは意外に印象に残らないという奇妙な現象が起こっている。本作で文句なしに良いといえるのは、M3「キラーキュイーン」ぐらいではないだろうか。これはCDで聴いてもすごく楽しいナンバーで大好きだ。ただ、それ以外の曲があまりピンとこない。M2「サブカルガールまどか」もイベントでよく歌われるのでなじみはあるんだけど、歌詞の内容に唐突感があってあまりバニビらしくない印象。ボーナストラック扱いのソロ曲は2人とも素人っぽすぎて何ともいえないし…。 ★☆(2013/01/27)

「い・じ・わ・る・ダーリン」 星野みちる

2012年10月リリースの2ndシングル(2曲収録)。基本アナログ盤なんだけど、レコードプレーヤーがない人のために同じ音源を収録したCD-Rが付属している。年末に京都の「JET SET」に立ち寄った時、1枚だけ残っていた盤を購入。タイトルナンバーの作詞は星野みちるさん本人、作曲はmicrostarの佐藤清喜氏。ちょっと懐かしさを感じるようなドリーミーなポップスといえばいいのかな。使われてるサウンドはけっこうピコピコしてるけど、テクノというよりは完全に「歌謡曲」のテイスト。ボーカルの甘い声質を生かした楽曲だと思った。C/W曲はcandyflipの「This Can Be Real」を日本語でカバーした「もう、ランデブー」。これも甘〜い仕上がり。両曲とも楽しいけど、欲をいえばもうほんの少しだけボーカルにシャープな輪郭があれば…というところ。この方向性でのアルバムも聴いてみたいな。 ★★(2013/01/27)

「Re:cipe」 waffles

2012年10月リリースのデビュー10周年記念ベストアルバム(13曲収録)。4thアルバム「君の魔法」までの初期ナンバーから選曲し、すべて新しくレコーディングしなおした意欲作。何曲かはアレンジも一新されている。聴きどころは、やはりバンドが経験値を積んだことによって、同じ曲でもどう変わるのかというところだろう。ただ、「どっちがいいか」は考えてもあまり意味がないような気がした。新録音の方は、明らかに練り込まれているし、アレンジを大胆に変えた曲については「こんなアプローチもあるんだ…」という楽しい驚きや余裕を感じることができる。いちばんよく表れているのは、M2「So Sad 〜happy ver.〜」かな。一方、オリジナルには新録にはない切実さ、その時にできる精一杯のことをやっているというひたむきさがあるのも確かなことだろう。M3「つぎの光」やM6「ひとひら銀河」を聴きながらそんなことを感じた。「どっちもいい」というのは決して優柔不断ではないと思う。ちなみに新曲も1曲(2バージョン)。未来への目配りもばっちりという感じ。 ★★☆(2013/01/27)

「SINGLES BEST 2002-2012 MEMORIES」 ROUND TABLE featuring Nino

2012年11月リリースのベストアルバム(14曲収録)。「featuring Nino」という形でのラストアルバムでもある。内容的には、これまでの全シングルに加えて、新曲も2曲収録されている。ここでは、主にその新曲についての感想を書いてみることにしよう。それぞれ、アニメ「わんおふ」のオープニング曲とエンディング曲。クオリティは高いレベルで安定していてさすが。ストリングスが効いた軽快な「約束の場所」、ゆったりしたウォーキングっぽいリズムが気持ちいい「メモリーズ」。よく聴くとどっちの曲にも別れを予感させるような歌詞がさりげなく入っている。特に「メモリーズ」はED曲なのでアレンジもそんな感じ。「いつの日かまた会えたらいいね…」みたいな。ファンとしてはこのサウンドがもう聴けないのか…と思うと寂しい気持ちもあるけど、中心人物である北川氏はROUND TABLE以外にも活躍の場を広げて、積極的に創作に取り組んでいる。むしろ「お楽しみはこれから…」という感じかもしれない。ちなみに二ツ星しかつけてないのは、新曲以外は個人的に全部持ってる曲ばかりだから。まあベストアルバムの宿命ということで…。 ★★(2013/01/27)