CD Review --198--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「星空☆ディスティネーション」 花澤香菜

本業が声優ということで、これまでまったくチェックしてこなかった花澤さん。たまたま「北川勝利氏の曲も歌っている」という情報を知って試聴したところ、一発で気に入ってしまった。その時点で既発だったシングル3作をまとめ買い、エンドレスでリピートすることに…。この作品は、2012年4月リリースのデビューシングル(3曲収録)。「春夏秋冬」をテーマにした4作連続リリースのうちの1作目「春」の曲。ストリングスをたっぷり使ったタイトル曲もかなりいいんだけど、ぶっとんだのはC/W曲の「Saturday Night Musical♪」。もう楽しさ満載! 楽曲・アレンジとも素晴らしく、いったんブレイクした後、ゆったりしたハーフテンポになって再開されるところとかもいいわ〜。こういう芝居がかった曲をばっちり歌い切れるボーカルはやっぱり声優さんならではという感じもある。もう1曲の「恋のはじまり」もとてもキュートなナンバーで、3曲の平均点&合計点がとにかく高いシングル。 ★★★(2013/01/28)

「初恋ノオト」 花澤香菜

2012年7月リリースの「夏」をテーマにした2ndシングル(3曲収録)。タイトル曲はとても上品でかわいいポップ曲。イメージとしたら避暑地の夏みたいな感じかな。ただ、アルバム収録曲っぽい比較的おとなしめの曲でもある。その分、思い切りハジけてるのがC/W「裸足のvacation!!」。こちらは完全にリミッターはずしてる感じ。南の島のアウトドア系ナンバー。そして、本作で注目したいのは、もう1曲のC/W「虹のそら」である。これまでどんな曲でも歌いこなしてしまうような気がしていた彼女だけど、このアコースティックなミディアムナンバーとの相性はあまりよくなかったようだ。彼女の声質や唱法の個性が生きるのは、より「つくり込まれた楽曲」なのかもしれない。ただ、デビュー作よりも楽曲の振り幅を広げて、彼女の新しい一面を見せようとした意図はよくわかる。 ★★(2013/01/28)

「happy endings」 花澤香菜

2012年10月リリースの3rdシングル(3曲収録)。まず「秋」の持つリッチなイメージをアレンジにうまくとり入れたタイトルナンバーにやられた! 流れるようなメロディーの展開、かわいらしさと健気さで思わず胸キュンな歌詞、そしてボーカルとコーラスの絶妙な絡み…。繰り返し何度聴いても飽きない。彼女のタイトル曲の中では文句なしのナンバーワン作品だろう。C/Wもまたまたうならされる良曲ぞろい。M2「too late for chocolate」は、彼女のナチュラルな魅力をうまく引き出した曲。南欧テイストのサウンドとちょっと力を抜いた歌唱が相性ぴったりだ。そして1作目の「Saturday Night Musical♪」に匹敵するクオリティを再びぶっこんできたのがハロウィンに題材をとったミュージカル調のナンバーM3「trick or treat!」。いわゆるJ-POP系のシンガーには相当難しそうな曲だけど、声優さんだとこの辺は十八番という感じなのだろうか…。とにかくまたもや3曲そろってハイレベルな作品。 ★★★(2013/01/28)

「Silent Snow」 花澤香菜

2013年1月リリースの4thシングル(3曲収録)。タイトル曲は「冬」がテーマということでマイナー調。結論からいうと、今回は正直ちょっとツボにはこなかった感じだろうか。ふと思ったんだけど、北川勝利氏の曲でもあるし、「ROUND TABLE feat. Nino」ならばっちりハマったかも…。ボーカルの声質との相性なのかもしれない。そんな感じだけどC/Wにも聴きどころはたっぷりあるよ。M2「CALL ME EVERYDAY」は、セリフやラップを絡めた楽しくてキュートなナンバー。青少年じゃなくても、「♪もしも〜し」なんてやられるとそのたびに顔がゆるゆるに。こういう曲なら何曲でも聴きたいわ〜。M3「あるいていこう」は2分足らずの小品ながら、「春夏秋冬」シリーズをしめくくる開放感あふれる曲。3曲まとめてのパンチ力はやや小粒ということで二ツ星だけど、2月リリースのアルバムにも期待は高まる一方ですよ。 ★★(2013/01/28)

「ミディアイム」 星羅

2011年11月リリースの1stフルアルバム(13曲収録)。発売から半年ぐらいたった頃にふと思い立って手に入れた旧譜だけど、聴けば聴くほど心にしみ込んで良くなっていく傑作ではないだろうか。最初は、親しみやすいメロディーとポップなサウンド、そして彼女ののびのびとした歌声が印象に残る。作曲は全曲星羅さん自身が手がけている。これだけでも十分良作の要素を満たしてるのだけど、やがて歌詞に描かれているストーリーが気になりだした。一つひとつの曲がまるで短編小説のような豊かな物語を内包していることに気づいたからだ。爽やかな恋愛からこじれた恋愛、さらには親子関係や人生観まで…それらがお仕着せの言葉ではなく、ものすごくリアルな情景描写で綴られている。あまりにも真に迫っているので、彼女自身の体験をもとにしているのかな…とも思ったのだけど、よく考えたらこのアルバムをつくった時点で21歳だった女の子にしては含蓄ありすぎのような気もする…。そこで、クレジットを見ると、13曲中10曲でいしわたり淳治氏(元SUPERCAR)が歌詞を共作、ないしはプロデュースしていることがわかる。このアルバムのクオリティに彼が果たしている役割は相当大きそうだ。もちろん、曲に込められたさまざまなストーリーや感情を素晴らしい歌唱力で表現しきっている星羅さんの実力にも目を見張らされる。もはや一種の「文学」の域にまで達しているアルバムである。 ★★★(2013/01/28)