CD Review --199--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「TNB!」 ザ・なつやすみバンド

2012年6月リリースの1stフルアルバム(10曲収録)。このバンドを知ったきっかけは、ボーカルとピアノ担当の中川理沙さんが、平賀さち枝さんのライブでサポートをやっていたこと。その日は、たまたま遊びに来ていたバンドの他のメンバーも飛び入りして、ザ・なつやすみバンドの曲を演奏するセッションも行われ、良い曲だなあ…ととても印象に残った。その時の曲「せかいの車窓から」は、このアルバムにも収録されている。ピアノトリオにスティールパンやトランペット…などが加わる男女4人編成。一言でいえばソフトロック的ということになるのかな。普通ならギターが入るところに違う楽器が加わっていることで、独特の爽やかで豊かな音色を生み出している。日本的で繊細な楽曲と無国籍的で洗練されたアレンジ、サウンドのバランスが良く、思いがけないほどの幅の広さ、スケール感につながっている。音楽的にはかなり高度なことをやりつつも、ぼーっと聴いてると癒し系音楽にもなる「とっつきやすさ」も大きな魅力だ。10曲中9曲までが中川さんの作詞・作曲。ソングライターとしての彼女の実力もかなりのものではないだろうか。完成度の高いアルバム。 ★★☆(2013/02/25)

「Mission#005」 その名はスペィド

2012年からライブ会場のみで販売されているCD-R作品(3曲収録)。ステージでも演奏されている2曲「End Of The World」「Wakannai」と、ボーカルをコラージュしたインストに近いナンバー「Hungry Army」…というラインナップ。全体の雰囲気としては、フロアオリエンテッドなクラブュージック的テイストがより強くなっている。ブンブン唸る感じの太いベースラインが効果的で、できるだけ大音量&無限ループで聴いてみたくなる。もちろん、このユニットならではの萌え要素、お色気要素も健在。クールなスタイリッシュさとスイートな甘さ、そして時折顔を出すビターな味わい…が併存するスペィドならではの世界が展開されている。「歌もの」的な要素に関してはやや後退してる印象もあるけど、とにかくカッコいいのでこれはこれでありなのではないだろうか。 ★★☆(2013/02/25)

「小さなリンジー」 田中茉裕

シンガーソングライター「たなか・まひろ」さんの1stミニアルバム(5曲収録)。リリースは2012年3月。全曲ピアノ弾き語り。内容的には何といっても表題曲がずば抜けている。流れるような美しいピアノとどこか切なさ、儚さをたたえた楽曲、そして心の叫びが思わず噴き出すのを抑えきれないかのように歌うハイトーンのボーカル。こうしたすべての要素の組み合わせが素晴らしい緊張と均衡を保っている。その中でも彼女のいちばんの持ち味は、その個性的なボーカルだろう。美しく歌うシンガーはたくさんいるけど、ここまで素の自分をさらけ出すような歌い方をする人はそういない。ただ、そのあまりにもピュアなボーカルは、楽曲との絶妙な調和を欠くと、単に調子はずれな歌に聴こえてしまうリスクもある。表題曲以外に関しては、そのへんの好みがわかれるところかもしれない。 ★★(2013/02/25)

「アイシテル」 美元智衣

2011年2月リリースの配信限定ミニアルバム(7曲収録)。通算では4thアルバムということになる。基本的にはこれまでの延長線上の作品。全体の平均点はあいかわらず高い。耳に残るメロディーと華やかでいながら過剰感のない抑えめなアレンジ、そしてしっとりした情感があふれだす歌声…。すべてが「ここしかない」というところにドンピシャで収まっている感じ。決して音楽的な冒険をしているというわけではないけれど、女性ボーカルが主役のポップスという音楽の魅力が凝縮されているかのようだ。また、おそらく30歳前後と思われる女性の心情を歌っている歌詞もいい。大人が聴いても十分共感できる内容となっている。こういう「普通なんだけど良い」という作品を語る言葉があまりないのが悔しいな…。一度聴き始めるとついつい最後まで聴いてしまっていた…そんなアルバムだ。 ★★☆(2013/02/25)

「LOVELEVER」 THE MILKEES

2010年8月リリースの3rdフルアルバム(10曲収録)。ザ・ミルキィズは、すでに活動を停止している神戸のガールズ4Pバンド。最近ネットで音源を聴く機会があり、改めて「いいな〜」と思って買ってみた。…というわけで今さらレビューを書くのも気が引けるような名盤なので、ほとんど自分用の感想メモみたいな感じで。サウンド的にはガレージ感のあるオールドタイプのロックンロール。でもガールズバンドらしいキュートさ満載で、気分としたらアイドルポップスを聴いているような楽しい気持ちになれる! わかりやすい日本語詞の曲が中心だし、ちょっとロリっぽいといってもいいくらいの甘い声質のボーカル、コーラスもいいわ〜。10曲で30分少々というコンパクトさも1960年代前半くらいまでのロックやポップスのアルバムっぽくて、もうあっという間に聴き終わってしまう。M1のタイトル曲、M3「Peach Pie」、M7「星のイヤリング」、M10「月と涙とロックンロール」…どれも本当にいい曲。バンドがあった時にライブを見てみたかった…。 ★★☆(2013/02/25)