CD Review --204--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Melody Palette」 Negicco

2013年7月にリリースされたNegicco初のオリジナルフルアルバム(13曲収録)。Tパレット移籍後の全シングルが収録された既発曲7曲+新曲6曲という構成。オリジナルとベストの両方の要素を持った作品といえるだろう。サウンド的には、シティポップ、渋谷系、エレクトロ、ヒップホップ…とけっこう幅広い。個性的なアーチストによるさまざまなカラーの曲が並んでるわけだけど、通して聴いてみると、決してバラバラな印象はない。むしろNegiccoの魅力を増幅するしっかりしたトータリティーすら感じるくらい。これはけっこうすごいことではないだろうか。単にこのアルバムだけの話ではなく、Tパレット移籍後ずっと「Negiccoらしさ」の軸がぶれていないということだから。サウンドプロデュースはおなじみのconnie氏。この素晴らしいブレーンがいることは彼女たちの大きな強みだと思う。アイドルらしさと音楽的な楽しさが同時に詰まったクオリティーの高い作品。 ★★☆(2013/10/31)

「Play Time」 playtime rock

現在、故郷である長崎に活動拠点を移している高浪慶太郎氏(元ピチカートファイブ)のユニット「プレイタイムロック」の1stアルバム(13曲収録)。リリースは2013年7月。プレイタイムロックは男女2人組でメインボーカル/フルートは市場美奈さん。2012年に「EVENING PRIMROSE」というスプリットアルバムも発表してるけど単独でのフルアルバムは本作が初。リリースに先がけて行われたライブに野佐怜奈さんがゲスト出演してたご縁で知ったのだけど、これはかなりいいですよ。内容的には、オリジナルと洋楽の有名曲カバーが半々かな。まずオリジナルは、高浪氏のベテランらしい技巧が冴える曲ばかりでポップス好きにはたまらない。いろんなタイプの曲がある中であえてベストを選ぶならM3「This Is Love」だろうか。美しいメロディー、大サビの歌詞の深さ…。カバーも一筋縄ではいかない。新しくつけられた日本語詞、大胆なアレンジなど「再創造」という言葉がふさわしいものだ。大人っぽさと爽やかな甘さを感じさせる「長崎の歌姫」市場さんのボーカルもチャーミング。 ★★☆(2013/12/19)

「しらない世界」 keme

一般的にはキノコホテルのギタリスト「イザベルケメ鴨川」として知られる彼女。本作は2013年7月にリリースされたソロ名義での2ndフルアルバム(10曲収録)。そのサウンドを一言でいえば1970年代のフォークや関西ブルースの世界そのものだろう。ある程度の年齢の人なら思わずニヤリとしてしまうはず。身体に沁みついた泣きのメロディーや渋いアレンジが見事に現代によみがえっているのである。ケメさんのボーカルは、そういった音楽にこれ以上ふさわしいものはないと思えるハスキーなもの。ほれぼれするだけでなく、いつしか一緒に歌を口ずさんでしまう…。しかし、単に懐古趣味というだけでないしっかりとしたリアルな熱さを感じさせる音楽でもある。今の耳で聴いてもまったく「古い」と感じないのだ。フォーマットはたしかに歴史のあるものだが、こうした人間味のあるサウンドこそが今の時代に求められているのではないだろうか。アレンジ、バンドの演奏も素晴らしい。 ★★☆(2013/12/19)

「エリボンちゃん」 エレクトリックリボン

ライブでの定番ナンバー4曲を収録したEP。2013年6月にタワーレコードで先行販売され7月から全国流通に。それまではライブ会場での手売りシングルくらいでしか聴けなかったエリボンの音源をまとめて聴けるという意味ではファン待望の1枚という感じかな。サウンドは「エレポップ&アイドル」! でもボーカルはいわゆる低年齢アイドル的なキャッキャしたものではないので落ち着いて聴ける。お姉さんがかわいくアイドルしてるのが好き!みたいな人にはかなりオススメだと思う。個人的にはM3「バスルームでつかまえて」がいちばん好きかな。イントロの雰囲気とかサビのアレンジとか、ちょっとエイプリルズに通じるところもあって両方のファンにはたまらない。「♪ファンキーディスコミュージック〜」っていう歌詞なんかも。 ★★(2013/12/19)

「ハイフライングガール」 エイプリルズ

エイプリルズの約1年半ぶりの新作はNHK(Eテレ)「大!天才テレビくん」への提供楽曲のセルフカバーシングル(4トラック:実質2曲収録)。表題曲はシャウトするサビのフレーズが印象的なアッパーチューン(ボーカルはイグチさん)。全編エイプリルズっぽいスペイシーでポップでガジェット感満載のサウンドになっている。C/Wもライブではおなじみの「Catch! Groove Catch!」。これ好きなんだよね〜。こっちもノリとしては同タイプの曲かな(メインボーカルはイマイ氏)。楽しいんだけど、2曲あわせても5分台という小品感はファンとしてはやや物足りないところ。いろいろ忙しいとは思うんだけどアルバム期待してますとしかいえない。2013年7月リリース。 ★★(2013/12/19)