CD Review --205--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「星がみちる」 星野みちる

2013年7月リリースの1stフルアルバム(10曲収録)。2012年に発表されたシングル「い・じ・わ・る・ダーリン」の路線を引き継いだ内容で、サウンドははせはじむ氏、マイクロスターの佐藤清喜氏らが手がけている。60年代ライクなメロディアスな楽曲+甘くてロマンチックなアレンジ。たしかに言われてみるとピコピコしたエレクトリックな音要素も多用されているので「エレポップ」のカテゴリに入れてもいいのかもしれないけど、実際に聴いたイメージはちょっと懐かしさを感じるような王道ポップス路線そのもの。アルバムリード曲のM3「私はシェディー」でのスペーシーなSEづかいのうまさ、M7「トワイライト・ブルー」での洗練されたストリングスアレンジの妙…ポップス好きならうっとりといつまでも聴いていたくなるような曲が並んでいてたまらない。もちろん楽曲とボーカルの相性もばっちり。さらに指摘しておきたいのは、本作は近年のJ-POPではきわめて珍しくなってしまった「コンセプトアルバム(トータルアルバム)」でもあるということ。プロローグとエピローグの星をモチーフにしたスタンダードをバックにポエトリーリーディング…というアイデアも効いている。この方向性、今後もぜひ続けてもらいたいものだ。 ★★☆(2013/12/20)

「SUMMER VACATION」 藤村鼓乃美

ワンリルキスやアルパカモリスなどのユニットでも活動している声優、藤村鼓乃美(ふじむら・このみ)さんの1stソロミニアルバム(6トラック:実質5曲収録)。2013年7月リリースで、サウンドプロデュースは北川勝利氏。近年、声優系シンガーとのコラボレーションでクオリティーの高い作品を連発してるわけだけど、本作も期待を裏切らない仕上がりになっている。メインはやはり表題曲とそれに続くM3「サイダー」だろう。夏休みを迎えるワクワク感がたまらないど真ん中のサマーソングと、一転してセンチメンタルな情感あふれるミディアムナンバー。ポップ曲を歌う藤村鼓乃美さんの声質は甘すぎない中にキュートさもあってとても聴きやすいもの。後半は茶目っ気とアイデア、センスがあふれるバラエティ豊かで楽しい曲が続く。「ミニアルバム」というより、「SUMMER VACATION/サイダー」という組み合わせのシングルにオマケをいっぱいつけた「EP」的な感覚で捉えてもいい作品かもね。当初、なぜかタワレコ限定(それも新宿のみ)で売られてたわけだけど、もっと広くプッシュされてもいい作品だと思う。 ★★☆(2013/12/20)

「星屑ハイランド」 エレクトリックリボン

2013年7月リリースの3曲入りシングル。約1カ月前の前作「エリボンちゃん」が代表曲をまとめた名刺がわりの一枚だったのに対して、本作は新曲がタイトルナンバーになった「実質的なデビューシングル」といったところだろうか。表題曲もC/W曲「ときめきスタイリッシュ」もエリボンらしいキャッチーなサビメロが印象的。ライブでも思い切り楽しく盛り上がれる曲だ。今のエレクトリックリボンの「勢い」が感じられる作品といっていいんじゃないかな。もう1曲はおなじみの「レプリカプリコ」のリミックス。男性アーチストLBTのラップが全面にフィーチュアされたバージョンだけどこれもけっこう好きだな〜。 ★★(2013/12/20)

「2013ねん、なつ」 ふぇのたす

ふぇのたすは活動開始して間もない2012年の末頃から「タイムトラブル」など3曲を収録した「おやしらず」というCD-Rをライブ会場で販売してたのだけど、ちゃんと流通に乗るCDは本作が初となる。2013年7月リリースのミニアルバム(6曲収録)。2013年のライブでやっていた曲の大半はここで聴くことができる。タイトルの「2013ねん、なつ」には、この時点でのふぇのたすをパッケージしたという意味もあるのだろう。サウンドはポップス、テクノ、ロックなどが融合したもの。楽曲のタイプを広くくくれば真部脩一氏に代表されるような和風音階などを巧みに使ったトレンディなものといえる(作詞・作曲はすべてギターのヤマモトショウ氏が担当)。改めて聴いてみると、とりわけ印象に残るのはやはりボーカル、みこたすの個性的な声質。ふわふわ甘くて、いい意味で脱力してる。とぼけた感じの軽い歌い回しは彼女のもともとのクセなのか、それとも楽曲によるものなのか…。でもそんな一種の「ゆるさ」「ラフさ」もこのユニットの大きな魅力なのは間違いない。ライブを見たら絶対欲しくなる一枚。 ★★☆(2013/12/20)

「keep in time」 タルトタタン

「亀高綾乃-有井優」から「鹿間水月-佐藤なぎさ」にメンバーチェンジしたタルトタタン。その通算2枚目(新メンバーでは初)のシングルが下北沢ヴィレッジバンガード限定でリリースされるというので発売翌日にわざわざ買いにいったわけです(発売日は8/1)。で、その内容は表題曲+C/Wでおなじみの「入り鉄砲に出女」リミックス。ここでは新曲「keep in time」の感想に絞って書いてみたい。作編曲は注目度急上昇中のtofubeats。1stアルバムでの真部サウンドがあまりにもハマっていたので、最初は若干微妙な感じもあったんだけど、何度か聴いてるうちに「これはこれでいいな」と思えるようになってきた。実際よくできた曲だと思う。「タルトタタンらしさ」をtofubeats的にうまく解釈したメロディーとリズム。ライブ映えもするしね。ちょっと浮世離れした世界を歌っていた感じがあったタルトタタンをリアル寄りに引きつけた新境地かも。ただ、この後タルトタタンは10月に2ndアルバムをリリースした後、またしてもメンバー総入れ替えとなる…。 ★★(2013/12/20)