CD Review --208--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「学校」 the peggies

高校生3人組のガールズロックバンド「ペギーズ」が、2013年10月の自主企画イベント開催にあわせて、期間限定フリーダウンロードというスタイルでリリースしたミニアルバム(6曲収録)。ペギーズは活発にライブ活動を行っていて、けっこう人気もあるバンドだけど、正式にCDデビューしているわけではないから、手に入る音源はまだ少ない。ライブ会場で売っていた「ペギーズのおんげん」という6曲入りCD-Rも現在は販売終了している。その意味でも貴重な本作は、フリー音源だけどしっかりしたつくりでポテンシャルを感じさせる。ボーカルのゆうほさんのファニーな歌い回しがそのままメロデイーになったような個性的な楽曲が持ち味かな。途中でテンポががらっと変わったり、歌詞がメロディーの枠内に収まらなくなると語りとして処理してしまったり…とても自由につくってる印象だけど、同時に耳について離れなくなるようなキャッチーさも持っている。歌われている内容も、高校生らしいわかりやすいものから、さまざまな意味にとれるイマジネイティブなものまで。メンバーが大学生になる4月以降の動きに注目したい。 ★★(2014/03/01)

「グーテンベルクの銀河系」 タルトタタン

2013年10月リリースの2ndフルアルバム(10曲収録)。歌っているのは鹿間水月さんと佐藤なぎささん。この2人による「二代目タルトタタン」にとっては唯一の音源ということになる。楽曲的には、1stアルバムの全曲を作曲し、作詞も半分以上手がけていた真部脩一氏が離脱。かわりに作曲には7組のアーチストを起用して、作詞はカバー1曲以外のすべてを西浦謙助氏が担当…という新布陣となった。その結果、一曲一曲はともかく全体的にはなんとなく散漫なイメージの作品になっている印象が否めない。また、1stでは浮世離れした「不思議ちゃん」的なところがタルトタタンというユニットの大きな魅力になっていたと思うんだけど、2ndでは妙に現実的というか、女性の生々しさが前面に出ているという違いも生んでいる。これも歌詞が原因というよりは、言葉の持つ毒気をユーモアでうまく中和していた真部サウンドの有無が大きく影響しているのではないだろうか。いずれにしても、本作発表後、タルトタタンは再びメンバー総入れ替えを発表することになる。過渡期の作品という感じ。 ★☆(2014/03/01)

「ちろりん坂よ、永遠に」 新・チロリン

約2年ぶりの2ndアルバム(7トラック、実質6曲収録)。2013年11月リリース。どう考えても一時的な企画ものだと思っていたこのユニットの第二弾が出る…ということだけでまず驚きといわなくてはならない。サウンドは前作と同じく岡田徹、イマイケンタロウ、Polymoog…の各氏、つまり「CTO LAB.」のメンバーが担当。当然かなりの期待を持って聴いたのだけど、結論からいうと「どうも小粒だなあ…」という印象だろうか。前作がかなり良かったのでハードルが上がりすぎていたところにミニアルバム。しかも、平均点はわるくないとしても、キラーチューン的な強力なナンバーがちょっと見当たらない。冒頭の表題曲(鈴木慶一氏の書き下ろしだそう)がマイナーなフォークロア調の曲で、気分がアガらないまま後続の曲も聴いてしまう…という構成上の問題もあるだろう。さらに、気分がアガらないといえばジャケットデザインもシンプルすぎはしないだろうか。予算とかいろいろあるんだろうけど…。 ★☆(2014/03/02)

「MABATAKIしないDOLLのような私」 印象派

タワーレコード限定のワンコイン(500円)シングル。リリースは2013年11月で、収録されているのは表題曲とそのインストバージョンのみ(2トラック、実質1曲)。聴いているうちに夢幻の世界に引き込まれるような麻薬的なダンスサウンドが万華鏡のごとくに変化していく、実に彼女たちらしい曲。サビ以外のボーカルはすべてラップなんだけど、これもクールにキマっている。たった1曲だけどとても強い印象が残り、リピートして何度でも聴きたくなる。商品形態からすると、初めて印象派を聴く人向けの「お試し盤」みたいな感じだと思うんだけど、そのサウンドの魅力にすでにやられているファンからすると、もう少しまとまった曲数を聴ける作品を早くお願いしたいところ。 ★★(2014/03/02)

「ときめきのヘッドライナー」 Negicco

2013年11月リリースのシングル(2曲収録)。作曲は「愛のタワー・オブ・ラブ」以来の西寺郷太氏が再登板、作詞はトマパイでおなじみのジェーン・スーさん。タイトルは恋愛における「本命」と音楽フェスなどの主役である「ヘッドライナー」をかけたもの。いつも二番手でいじけてた女の子が、堂々と「あなたの本命の彼女になりたい!」と宣言する歌詞と、ローカルアイドルとして長い下積みを経験してきたNegiccoが、「フェスのヘッドライナーになりたい」と言ってもおかしくないところまで人気が出てきた現状が重なる。それだけでもかなりぐっとくるのに、マイナーなAメロから転調して一気に高揚感あふれるサビへと突き進むサウンドと楽曲構成の見事さ! 「いっくよ〜」「声をきかせて〜」という合図とともに「♪ラララララ〜」というコーラスが聴こえてくると、たとえ一人で聴いててもフェスの熱狂の真っただ中にいる気分になれるのだ。キラーチューンを引き寄せるNegiccoの「愛され力」がますます加速している! ★★★(2014/03/02)