CD Review --209--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ギフト / いつもふたりで」 平賀さち枝

2013年11月リリースのEP(4曲収録)。リード曲は2曲で両A面シングルっぽい仕上がりになっている。いずれも穏やかな恋心を歌ったミドルテンポのバンドアレンジ曲。今の彼女の音楽的な方向性をそのままパッケージした作品といえるだろう。といっても2曲の味わいはけっこう異なる。「ギフト」は軽快でリズミカルなナンバー。ライブでは楽器を置いて振りつけ付きで歌っていたこともある。一方の「いつもふたりで」は湿り気を帯びたメロディーが懐かしさを感じさせるかわいい曲。個人的には「いつもふたりで」派かな。似たようなフレーズがひたすら繰り返されていく曲なんだけど不思議と聴き飽きない。アレンジもいいよね。エンドレスでリピートしたくなる。逆にいうとこの曲だけが突出してる印象も。C/Wの2曲もちょっと小品っぽい雰囲気だしね。ジャケットの写真はすごくいい雰囲気。 ★★(2014/03/08)

「CHANGE!!」 Serena

19歳のソロシンガー「セレナ」の2ndシングル(2曲収録)。2013年11月リリース。テレビドラマの主題歌だけど、その番組は見てなかったから、たまたまネットで試聴して知った感じ。でも一発で気に入ってしまった。R&Bをベースにしたポップス。サウンド的には初期「Candy」なんかが近いかな。 「Bye&Thanks」とかね。ブラスとコーラスをたっぷり使った切れの良さと抜群の爽やかさがたまらない。そしてそのリッチなサウンドにまったく負けてないパワフルでハツラツとしたボーカルの魅力! さらに驚かされたのがC/W曲「You&I」だった。スピード感たっぷりの表題曲から一転して、都会的で洗練されたミディアムバラードを情感豊かにしっかりと歌いこなしている。後半で聴かせるハイトーンやフェイクも素晴らしい。彼女の「動」と「静」の両面を聴くことができるこのシングル。たった2曲なのに、ちょっとしたミニアルバムを聴き終わったくらいの充実感がある。ボーカリストとしてのポテンシャルは相当なものではないだろうか。ぜひ一度ライブでも聴いてみたい。 ★★★(2014/03/08)

「まごころ to you」 Dream5

2013年11月リリースの1stフルアルバム(15曲収録)。2009年に結成されたユニットで、このアルバム以前に11曲のシングルをリリースしている。本作にはそのうち比較的新しい6曲を収録。つまりちょっとしたベストアルバムであり、同時に新作もたっぷり9曲…という、最近聴き始めた私みたいなファンにとってはかなりおいしい作品となっている。聴いてていちばん楽しいなと感じたのは、小中学生の等身大の曲が多いことだろうか。歌詞を見ても恋愛の曲はほとんどなく、友達や仲間の大切さ、あるいは自分を励ますような内容を歌ったものが多い。この必要以上に背伸びしてないところが素直にかわいいじゃないかと思えたのだ。しかも、それを「子供だまし」に終わらせていないサウンドのクオリティーの高さ。エイベックスならではのダンスミュージックとツインボーカル(重本ことりさん、日比美思さん)のしっかりした歌唱力がそれを支えている。今後、メンバーの成長とともに過渡期が訪れるかもしれないけど、この盤の楽しさはそれとは関係なく評価できると思う。 ★★☆(2014/03/08)

「涙でできたクリスマス / サンタクロース・コンプレックス」 野佐怜奈

3曲収録の両A面1stシングル。2013年11月リリース。タイトルからして一目瞭然のクリスマスソングだけど、いずれも作詞・松永天馬、作曲・ハジメタル…という布陣なんだから普通のそれじゃないってこともすぐわかる。M1「涙でできたクリスマス」はリズミカルな曲調のロンリークリスマスもの。松永氏らしい美しさと痛さが表裏の関係になった歌詞につい聴き入ってしまう。しかし、それ以上に問題作なのはM2「サンタクロース・コンプレックス」だろう。別れた父親に似た男性との不倫関係を続ける女性のストーリー。シンプルなフレーズが延々と繰り返され、それとともに歌われる痛みの感情はどんどん深みにはまっていく…。クリスマス前のライブでは歌っていた野佐さんが思わずこらえきれずに落涙…という場面もあった。それほど歌い手の、そして聴き手の気持ちを揺さぶる曲だといえる。歌唱もとても美しい。透明で儚げな楽曲の世界にふさわしい歌声だ。テクニック的に相当難しいだろう「サンタ…」もしっかり歌いこなしている。季節ものだけにハマる時期が限られるのが惜しい。 ★★(2014/03/08)

「十戒クイズ」 ハナエ

2013年11月リリースの1stフルアルバム(10曲収録)。シングル4曲を含む全曲が真部脩一氏プロデュース作品で、ハナエさん自作の初期曲などはあえて入れないことでトータルアルバムとしての純粋さを高めた一枚といえるのではないだろうか。「真部ワールド」といえそうな独特のユーモアと耽美性、そしてハナエさんのウィスパーボーカルの魅力を生かした楽曲はいずれも無駄のない構成。必要以上に引き伸ばさず、いちばんおいしいポップなエッセンスだけをギュッと詰め込んで、なんと10曲で30分強にまとめている。このアルバムの曲順そのままで、そこにちょっとしたMCをつけ加えたら、それだけで聴き応えのあるライブのセットリストができてしまいそう。ファンにとっては、この時点でのベストアルバムといってもいいだろう。ただ、こうしてまとめて聴いて少し気になったのは、真部カラーの方が前面に出ていて、主役であるハナエさん独自の色があまり見えないということだろうか。今後のテーマになってくるとしたらそのあたりかもしれない。 ★★☆(2014/03/08)