CD Review --212--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ガールズ・レテル・トーク」 ナンバタタン

南波志帆+タルトタタンのスペシャルユニット「ナンバタタン」の1stアルバム(8曲収録)。リリースは2014年2月。この二組は2013年後半から「ナンバタタン・ノ・ズレテルナイト」という共催イベントを5回にわたって行っている。本作は、そのコラボをきっかけに制作されたアルバムだけど、タルトタタンのメンバー総入れ替えによって、イベントに出演したメンバーとアルバムレコーディングに参加したメンバーが異なる…という若干「ズレテル」作品でもある。
ただ、内容はとても良い。メインボーカルは南波志帆さん。そこにタルトタタンの2人がコーラスをつけていくような曲が多いかな。どちらかといえばタルトタタンっぽいちょっととぼけたユーモラスな味わいが印象に残る。でも、歌詞の内容にはシリアスなものもあったりして多層的にも楽しめる。早口言葉のようなフレーズを使ったM6「コミュニケーション過剰です」やM8「恋は倍速」なんかのアイデアもおもしろい。作曲はすべて「ふぇのたす」のヤマモトショウ氏(歌詞のほとんども)。この人選がまさにクリーンヒット。ナンバタタンとしてのライブはインストアイベントが1回行われただけ…というのがもったいない良盤だと思う。 ★★☆(2014/09/10)

「25」 花澤香菜

2014年2月リリースの2ndフルアルバム(2枚組・25曲収録)。まずこのボリュームに圧倒される。しかも、既発曲は先行シングルの1曲のみ。残りの24曲はすべて初出の新曲となっている。インタビューなどを読むと、「ちょうど25歳になるタイミングでのリリースだし、25曲入りアルバムなんてどう?」というアイデアが本当に実現してしまったのだそう。普通なら思いついてもやらないと思うんだけど、それが出来てしまうところが人気声優という予算を使えるポジションのすごさなんだろうなあ。
サウンドプロデュースは前作に引き続き北川勝利氏(ROUND TABLE)。当然のようにクオリティーはかなり高い。1stアルバムにはなかったタイプのシャープでロックっぽい「マラソン」「last contrast」といったナンバーもとても新鮮に聴ける。ただ、ここから先は好みの問題なんだけど、彼女のようなとても甘い声質のボーカルは、できれば少ない曲数にまとめた方がより魅力が引き立つのではないか…という気もしてしまうのだ。甘いスイーツはほんの少しだけ食べるととてもおいしいけど、ホールでの一気食いには適さない…みたいな。大作をきっちり仕上げている素晴らしさとコインの表裏の問題だけにちょっと悩ましいところでもある。 ★★☆(2014/09/10)

「Thank You」 中島愛

2014年2月リリースの3rdフルアルバム。12曲収録+初回盤には9曲収録の「B面コレクション」が付属している。本作は人気声優/アニソンシンガーであった彼女が、歌手活動の「無期限休止」を発表した後に出た、いわばラストアルバムでもある(ちなみに声優の仕事は続けている)。私自身が彼女の歌を聴くようになったのは2013年の中頃から。1stアルバム・2ndアルバムともに聴いてるとはいえ、ここではキャラソンとかもまったく知らない新参ファンとしての感想をちょこっと。
まず、アルバムの性格としてはそれまでの二作の延長線上にある「バラエティアルバム」という感じかな。シンガーとして攻めてるカッコいい曲、盛り上がれる楽しい曲、情感あふれるリリカルな曲…。彼女の歌声の魅力を引き出した多彩なナンバーがバランスよく収められている。ラストアルバムではあるけど必要以上に「最後」を意識していない構成。でも、注意深く聴いていると…どこかしら普通ではない緊張感も漂っていて。中盤から後半にかけてアッパーな曲が続いた後の流れは、長い間聴き続けてきたファンにはたまらない展開のような気がする。「B面コレクション」も含めて、楽曲にも非常に恵まれていたことがわかる作品。ただ、これだけ華やかで美しい歌声の持ち主が、これっきり歌うことをやめてしまう…というのも何となく信じがたい気もする。再びその歌を聴くことができる日を気長に待ちたいものだ。 ★★★(2014/09/10)

「#ゆーふらいと」 寺嶋由芙

2曲収録の1stシングル。リリースは2014年2月。表題曲はデビュー曲らしい爽やかなスタート感とSNS時代のアイドルであることを意識したハッシュタグのフレーズが印象的な楽曲になっている。作詞はでんぱ組.incの夢眠ねむさん。この曲がリリースされた時のゆっふぃーは卒業を目前にした大学4年生。当然20代だからアイドルとしてはやや遅めのスタート。でも彼女のキャラからいってあまり大人っぽくしすぎない方がいいだろうし…そんな難しい注文にうまく応えた楽曲だと思う。ゆっふぃーの歌い方もグループアイドルとは違うソロならではの魅力を感じさせるもの。いい感じの仕上がりだ。C/W「ぜんぜん」は「ふぇのたす」のヤマモトショウ氏の楽曲。本当に多才だなあ。 ★★(2014/09/11)

「クリームレモン/GOOD MORNING」 テツコ

2014年3月から彼女たちのライブ会場で販売されているシングル(2曲収録)。「クリームレモン」は、まずキャッチーなメロディーが耳に残る。ロックというよりポップといいたくなるキュートな曲調と「♪クリームクリームレモン〜」と歌う萌え声ボーカル。でも、楽しくていいわ〜と思ってると中盤からいきなり不穏な展開に。よく聴くと歌詞も単純にハッピーとかそういうものじゃないみたいだし…。かわいい花だけどチクッと刺すトゲがある感じかな。「GOOD MORNING」もサビが強力。小品っぽい作品だけどインパクトは十分。この2曲と同じ路線でまとめたアルバムも聴いてみたいな。 ★★(2014/09/11)