CD Review --221--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Colore Serenata」 竹達彩奈

2014年11月リリースの2ndアルバム(13曲収録、うち1曲インスト)。コンセプト的には1stアルバムの延長線上にあるバラエティーアルバム…という印象だけど、完成度の高さでは間違いなく前作を超えたといっていいだろう。とにかくどの曲もよく出来ている。人気声優だからこそ可能になったと思える贅沢に練り込まれたサウンド。ポップで楽しい曲を軸にしながら、絶妙なポイントでアクセントになるナンバーを投入してくる構成の妙…。キーマンはサウンドプロデューサーとしてクレジットされている小林俊太郎氏だろうか。作曲者だけでも8組も起用している多彩なライター陣をまとめて、全体にしっかり統一感を持たせていることにも感心させられる。もちろん竹達彩奈さんのボーカルが持つ「求心力」も忘れてはなるまい。どんな曲でも歌いこなしてしまう歌唱力の高さ、同時にどんな曲にも自分らしさを注入できる確かなスタイル。今、「音楽的にもっともアイドルらしいアイドル」を選ぶとすれば、彼女をその最有力候補として推したいくらい。隙のない傑作だ。 ★★★(2015/02/27)

「good morning in TOKYO」 the peggies

ペギーズにとって初の全国流通盤(タワレコ限定だけど)となった8曲収録のミニアルバム。リリースは2014年11月。収録曲はライブではおなじみの代表曲が中心。1曲目が彼女たちにとって最初のオリジナルとなった「アイラブユー」であるところからも、女子高生バンドとして活動してきた時代を集大成して、ここから新たなスタートを切る…という意気込みが感じられる。ポイントはこれまでの自主制作の音源に比べて、レコーディングの精度が格段によくなっていること。基本的なアレンジは大きく変えてないのに、改めて「こんなにいい曲だったんだ!」と新鮮な驚きすら感じさせられるほど各曲がブラッシュアップされている。何度も聴きなおしてしまった。また、ライブでは爆音に埋もれてしまうことも多い歌詞がしっかり聴き取れるミックスになっているのもうれしい。ゆうほさんのつくる曲はその言葉もけっこう重要だから。現時点でのペギーズの魅力がストレートに伝わってくる。 ★★☆(2015/02/27)

「ザ・ハイマーツ」 ザ・ハイマーツ

女子高生3Pバンドのライブ会場で売っていたデモCD(3曲収録)。販売開始は2014年10月。ペギーズ(↑)よりも2学年下になる若手バンドなので、レコーディング時点では高校2年生だったことになる。しかし、そのサウンドは100%「GS歌謡ロック」! もうこのギャップだけでも白ご飯2杯くらいはいけてしまいそうになるのだが、曲自体や演奏のクオリティーも相当なものである。特にボーカルは高校生とは思えないちょっとハスキーな歌声の奥に艶っぽさもあり、思わず惹きつけられる。GSというと一般には懐メロと思われがちだけど、こういう若い人たちが演奏することで、「様式美」の追求だけにとどまらない新たな可能性が生み出されていくのかもしれない。2015年はメンバーの大学受験のためお休み中だそうだけど、その活動再開を楽しみに待ちたいものだ。 ★★(2015/02/27)

「Coloration / カラレーション」 waffles

12曲収録の9thアルバム(2014年11月リリース)。ソフトロックをベースとするワッフルズサウンドはほぼ完成の域に達したといっていいだろう。自分たちのやりたいことにもう迷いがないように感じられる。本作では一部の曲でシティポップ的な洗練されたサウンドも導入し、完成度の高さとともに新たにチャレンジする部分も見せるなど、とにかく全方位への余裕の目配り…といった印象だ。ただ、「ないものねだり」をするのはファンの常。歌詞の世界を中心に、「ちょっとわかりやすく落ち着きすぎかな…」と感じる部分もあったかな。初期の「まだ何者でもない自分への苛立ち」みたいなものを歌っていた頃の熱量が、年月とともに「酸いも甘いも噛みわけた大人らしい」冷静さへと変わっていくのはある程度当然のことだけど、ちょっと悟りを開きすぎ…というか。いくつになっても道ならぬ恋だとか、諦めきれない何かへの執着とか、思いがけない別れとか…心を乱されるものは多々あるわけで、そういう題材での大野さんの想いも聴いてみたい気がした。次作でいかがだろうか。 ★★☆(2015/02/27)

「Tonight」 Merpeoples

2014年10月のライブから会場限定で販売をはじめた1曲入りCD。それに3曲分のダウンロードコードがついているので、実質4曲となる(表題曲以外は「Silent Sleep」「tinkle」「ライアー」)。いずれも2014年段階でのステージではかなりの頻度で演奏されていた代表的ナンバーだ。いつもライブのレポでは「そろそろ新しい音源が聴きたい」と書いてきた自分にとっては、ある程度その期待に応えてくれたリリースだったかな。ただ、そうこうしているうちに2015年4月でのバンド解散が発表されてしまった。なかなか新譜を発表できなかった背景にはバンドの方向性が決まらない…といった事情があったのかもしれない。改めて4曲を聴きなおしてみると、いわゆる「マーピープルズらしさ」がいちばん感じられるのが「ライアー」であり、シャルロットさんのボーカルに微妙に迷いが感じられるのが「Tonight」ではないかという気がする。4月のラストライブでは最後の音源をリリースするとのこと。有終の美を期待したい。 ★★(2015/02/27)