CD Review --223--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「神様の神様/おとといおいで」 ハナエ

2015年1月リリースの7thシングル(2曲収録)。2014年はまる1年間新作の発表がなかった彼女。とりあえずファンも一安心したリリースだったのではないだろうか。収録されてる2曲はいずれもTVアニメのタイアップ曲。それぞれオープニングとエンディングである。真部脩一氏の楽曲を歌うきっかけとなった「神様はじめました」と同シリーズ。そのままパート2といってもいい位置づけの作品だ。和風テイストを盛り込んでいるところも同じ。では新鮮味がないかというとそんなことはない。「神様の神様」でははじまってすぐにスピード感のある山場をもってくる構成のうまさにやられる。思わず一緒に口ずさんでしまいそうになるポップで印象的なフレージング。ハナエさんのボーカルの特性を知りつくした真部氏らしい快作となっている。「おとといおいで」は一転してスローナンバー。アイドルっぽい華やかさを持つ彼女だけど普通のアイドルとは一線を画す「シンガー」なのだと主張しているかのよう。 ★★☆(2015/04/18)

「Rice&Snow」 Negicco

2作目のオリジナルアルバムとなったフルアルバム(13曲収録)。リリースは2015年1月。少し前からNegiccoは「新潟発の渋谷系サウンド」をキャッチフレーズとして掲げるようになっている。本作もその音楽的コンセプトが明確に打ち出されたアルバムといえるだろう。シングル曲以外はほぼconnie氏の書き下ろし。そこに多彩なアレンジャー陣を迎え、千変万化するカラフルなサウンドに仕上げている。ジャケ写が「楽しげなグッズがゴチャゴチャあふれる部屋でくつろぐNegiccoたち」という構図なのも、まさに内容とシンクロしたデザインといえそうだ。彼女たちの飾らない素顔がのぞけるようなM4「クリームソーダLOVE」やM6「裸足のRainbow」、M11「自由に」…あたりがとくに好きかな。その一方で、大人っぽく都会的なサウンドを打ち出したM7「二人の遊戯」、M8「パジャマパーティー」、M9「BLUE, GREEN, RED AND GONE」…などは、曲としてはとても良い雰囲気だけど、もうちょい色気が欲しい気も。個人的にはかえぽに期待している。 ★★☆(2015/04/18)

「プロ・デューサー」 タルトタタン

2014年12月20日のライブ会場で売られた4曲収録EP。後にジャケットを差し替えて一般でもリリースされた。クレジットがないので正確なところはわからないけど、掛け合いパートの雰囲気などから判断すると、本作がレコーディングされた段階ではまだ3人体制だったようだ。全曲の作詞・作曲は進行方向別通行区分/古都の夕べの田中氏。シンプルなロックサウンドですべての曲が2分台前半で終わる。いかにも「らしい」感じ。アイドルの「ネガティブイメージ」を羅列してダークな笑いを誘う歌詞も印象に残る。ただ、このへんは聴き手によって好みが分かれそう。たしかに、真部作品を歌っていた初期の頃から、けっこう皮肉っぽい内容の曲もあったけど、サウンドのポップなかわいさでそれをうまく中和していたと思う。そんな「甘辛ミックス」なところこそがタルトタタンの魅力だと考えると、本作の作風はややアグレッシブすぎる気がする。ファンがタルトタタンに求めているのはこの方向ではないのではないだろうか。 ★(2015/04/19)

「君色シグナル」 春奈るな

3曲収録の7thシングル(2015年1月リリース)。タイトル曲はTVアニメ「冴えない彼女の育てかた」のオープニング曲。アニメ自体は見ていないけど、曲の雰囲気からすると学園ラブコメものっぽい感じかな。明るくて楽しいアッパー曲。…というと「いかにもアニソン」なイメージだけど、彼女の声質がどこかに憂いや切なさを感じさせるものなので、元気な曲というだけにとどまらないいい味が出ている。このへんが声優が歌うのとはまた違うアニソンシンガーならではの魅力なんだと思う。C/W2曲もほぼ同傾向のナンバー。明るい曲ばかりなので、ちょっとダークな路線の曲も好きという以前からのファンとしたら若干のとまどいもあるかもしれない。でも、「この盤はこういう路線」ということでいいんじゃないだろうか。M3「青春プリンセス」で聴かせるふっとメロディーをはずれて「ワタシ?」といってみせるパートのかわいさとかには抵抗できないものがある。 ★★☆(2015/04/20)

「KLING! KLANG!!」 TWEEDEES

沖井礼二&清浦夏実の二人による新バンド「トゥイーディーズ」の配信限定シングル(1曲のみ。2015年1月リリース)。3月発売のフルアルバムから先行でシングルカットされた曲ということになる(アルバム収録版は別ミックス)。きっかけはツイッターのタイムラインに流れてきたMV。何気なく見てみると…やっぱりこういうのには逆らえないよなあ、という感じ。まだ真冬なのに一足先に春が来たようなカラフルでかわいらしい画面に流れる軽快なリズムとメロディー。ボーカルも気持ちいい〜。YouTubeのコメント欄に「こういうの好きなんだろ?ええ? と言われてひれ伏すしか無いってかんじですわ」と書き込んでる人がいたけど、すごく言い当ててる。ユニット名にも「トゥイーポップ」志向をはっきり打ち出していて、まさに看板に偽りなしのサウンドといえるだろう。この1曲さえ聴けばアルバムをさらに試聴する必要もないよね…ということで、すでに1stフルアルバムも入手済。その感想はまた項目を改めて。 ★★☆(2015/04/20)