CD Review --226--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「PS2015」 ふぇのたす

2015年3月リリースのメジャーデビューミニアルバム(6曲収録)。ど真ん中のポップナンバーとふっと抜くようなゆるふわ系ナンバーがバランスよく配置されている。きちんと計算されてうまく緩急のついた作品。メジャーデビューといっても気負いすぎることなく、これまでのペースを崩さない作品づくりには頼もしさを感じる。聴きどころは冒頭のリード曲「今夜が終わらない」、さらに本作でのベストといいたくなるM4「ファッション戦争」…といったところかな。どの曲もふぇのたすらしい個性がしっかり感じられる。
そんな本作のリリース後、メンバーの澤“Sweets”ミキヒコ氏が急逝するという悲しい出来事があった。グループ内でのキャラクター的役割分担もうまく固まってきたところ、まさにこれからだったのに…残念としかいえない。ふぇのたすは残された2人で活動を継続することが発表されている。彼ららしい楽しいサウンドを聴かせてくれる日が早くくることを願っている。 ★★(2015/07/17)

「The Sound Sounds.」 TWEEDEES

1stフルアルバム(12曲収録)。リリースは2015年3月。先行シングル「KLING! KLANG!」が思い切りツボにはまってたので、「これは間違いないはず!」と試聴もしないで買ってみた。一言で表現するなら、まさに「大人のポップアルバム」といった趣きの一枚だろう。緻密に仕立てあげられたポップソングがずらっと並んでいる。基調となっているサウンドは、ライブでの再現性も高そうなロックバンド編成のアレンジによるもの。だから、パッと聴くとカラフルというよりは「シンプル」というイメージが先行する。でも、じっくり聴き込んでいくとそれぞれの曲の味わいがじわじわ沁み出してくる…。清浦さんのボーカルもさらっとベタつかない清楚な声質。かわいいんだけど甘すぎない。「大人かわいい」ボーカル。結果的に、沖井氏がアイドルや声優たちに提供している楽曲に比べると、余分な装飾を省いた、非常に洗練されたサウンドになっている。ただ、先行シングル並の華やかさがもう少しあれば…という気もちょっとする。 ★★(2015/07/17)

「Candy Lips」 春奈るな

13トラック(実質12曲)収録の2ndフルアルバム。2015年3月リリース。シングル「君色シグナル」で聴かせたアイドルっぽい「学園ラブソング」路線の楽曲をアルバムでもどーんと前面に打ち出してきた。ジャケットのカラフルでポップな雰囲気も、アニソンシンガーというより完全にソロアイドルのイメージ。アイドル系ポップシンガーとしての彼女の魅力がたっぷり感じられる作品といっていいだろう。
ただ、本作はそういったポップ路線の曲だけで構成されているわけではない。1stアルバムで核になっていたようなマイナー&ドラマチック路線のナンバーも引き続き何曲か収録されている。それぞれの出来はわるくないし、むしろM12「夜の虹を越えて」のように圧倒的な曲もある。でも、アルバムのトータリティーという点からすると、かなり惜しい感じがしてしまうのも事実。お菓子の詰め合わせを買ってきて、かわいい箱を開けたら、ケーキと一緒に塩辛や佃煮が入っていたとしたらどうだろう。それらがどんなにおいしくても、なんとなく「ちょっと違うんだけど…」と感じてしまうのではないだろうか。どうせやるなら徹底した方がよかったんじゃないかなあ…。 ★★(2015/07/17)

「Grooving Party」 GALETTe

「ガレット」のCDレビューは今回が初めて。でも、じつはこれまでのシングル4作品、全部聴いている。たまたま友達のMP3プレーヤーを手当たり次第に試聴してたところ、なんかいい感じの曲が…。それがガレットだった。さっそくそれらのシングルを全部借りて聴きまくった。何度かライブに行ったのもそれがきっかけ。今ではけっこうお気に入りのアイドルグループの一つになっている。
本作は2015年3月リリースの1stミニアルバム(7曲収録)。それまで4人だったメンバーが3人になり、そこにサポートメンバーを入れて暫定的に4人にしたタイミングでの発売だ。そもそもなんでそんな過渡期に初めてのアルバムを出す気になったのかわからないけど、選曲・構成もなんとなく中途半端な作品といえるのではないだろうか。既発シングル4曲のうち収録されているのはなぜか3曲。その他にも既発曲が1曲あるので、アルバムでの新曲は3曲だけ。どうせなら今までの楽曲を全部突っ込んで12曲のフルアルバムで出せばよかったのに…という気もする。まあ、そのへんはいろいろ事情があるんだろうけどね。
いい点としては、ちゃんと新体制でボーカルを録りなおしていることだろう。けっこう律儀。また、シングル盤の音質の悪さがファンの間でも問題になっていた「じゃじゃ馬と呼ばないで」がクリアな状態で聴けるのもうれしい。でも、これもどうせならC/W「Candy Pop」と一緒に収録してほしかったね。ディスコ&ファンクにアイドルならではの甘さを加えた楽曲はどれも水準が高いだけに、パッケージとしての仕上がりがよけいに気になってしまったという感じだろうか。 ★★(2015/07/17)

「君とミライ作りたい!」 Doll☆Elements

5人組アイドルグループ「ドール☆エレメンツ(どるえれ)」の6thシングル(3曲収録)。リリースは2015年4月。名前くらいしか知らないグループだったのだけど、MXテレビでCM(たぶんワンマンライブのCMだった)が流れているのを見て気になり、YouTubeで試聴してみた。最近のアイドルにしては珍しくゆったりした、そしてちょっと懐かしいような穏やかな気分になる曲。「癒し系アイドル」といえばいいのだろうか。ともすればすごい上昇志向を前面に打ち出して、ファンもそれを後押しする…というのが現在のアイドルの標準的な在り方なわけだけど、MVなんかを見ても「どるえれ」からはあまりそのへんは感じられない。すごく女性的というか、ひたすら優しい感じ。なんかいいなあと思ってさっそくシングルを手に入れて聴いてみた。
C/Wの2曲はBPMもそれなりに速くきっちりつくられたポップ曲になっている。タイトル曲とは違うノリだけどこれもけっこういい。そんなわけで前年(2014)にリリースされた2枚のフルアルバムを中心にメジャーデビュー以降の既発曲を一気にそろえてしまった。ライブもすでに何度か見ている。音楽的なカッコよさみたいな「わかりやすい」ことじゃないので、うまく伝えにくいんだけど、とても魅力のあるグループだと思う。できたら過去作もレビューしてみたいな。 ★★(2015/07/17)