CD Review --227--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「さよなら。また来世で」 ボンジュール鈴木

宅録系ソロアーチスト(シンガーソングライター)の1stフルアルバム(13曲収録)。リリースは2015年4月。ネットでたまたま試聴していきなり惹きつけられた。エコーの効いた甘く幻想的なサウンドとウィスパーボーカル。まさに「ドリーミーポップ」という言葉がぴったり! ボーカルはラップで始まり、サビではメロディーを歌うといったパターンが多い。しかし、ラップといってもHIP-HOP的な感覚はまったくなく、むしろポエトリーリーディングに近いかもしれない。語るように歌う彼女の声には「萌え」の感覚もあり、聴いているとどこか遠い世界に連れていかれそうになる瞬間も…。もちろんヒーリング効果もばっちり。ポップで美しいメロディーや徐々に変化していくサウンドに耳を傾けていると、約57分間があっという間だ。タイプやテンポが似たような曲がこれだけ続くのにまったく飽きさせない…本作のトータルアルバムとしての完成度の高さを物語っているのではないだろうか。その中でも、まず聴いてほしいのは、この曲自体も相当に甘いM2「甘い声でちくっとして」、そしてアルバム後半の山場といえそうなM10「月の下でパーティー」かな。要注目のアーチスト。 ★★★(2015/07/19)

「the color」 Merpeoples

2015年4月5日のワンマンライブをもって解散したマーピープルズの3rdアルバム(11曲収録)。ファイナルライブ当日のリリースで、後に一部通販もされたけど、基本的にはその日会場に集まったファンだけが買えた、かなりレアな盤ということになる。内容はこれまで彼女たちがライブで演奏した曲で正式に音源化されてなかった楽曲をすべてスタジオで新録音したもの。そのまま普通に一般発売されてもまったくおかしくないと思えるほど、しっかり仕上げられている(CD自体もちゃんとしたプレス盤である)。解散が決まってからわずか3カ月ほどでこれだけの作品をまとめあげたマーピープルズの集中力と「この作品を集大成にしよう!」という思いの強さを改めて感じる。
この数年、ライブでの中心的レパートリーとなっていた「Tonight」「Silent sleep」「tinkle」「ライアー」…といったナンバーを聴くとまた彼女たちのステージを見たくなってくる。また、比較的新しい曲からは、ひょとしたらありえたかもしれないマーピープルズの可能性をつい考えてしまう。今さらだけどいい曲いっぱい。あえて自分の中でのベストを選ぶならM10「kiss you」にしたい。原点に戻ったような疾走感あふれるリズムと胸を締めつけるメロディー、そしてボーカル。この曲は本作で唯一メンバー全員での共作(作曲)となっている。もっと多くの人に聴いてもらいたかった作品だ。 ★★☆(2015/07/21)

「アイドルばかりピチカート」 バニラビーンズ、Negicco、他

Tパレットレコード所属の5組のアイドル(バニラビーンズ、Negicco、ワンリルキス、lyrical school、アイドルネッサンス)がピチカートファイブの曲を歌った企画アルバム(11曲収録)。プロデュース&アートディレクションは小西康陽氏が自ら担当。もともとアイドルとの相性は良い作風の小西氏。2004年にも「きみになりたい」というアイドル系女性シンガーに提供した曲ばかりを集めたオムニバスアルバムをつくっている。本作はその変形第二弾といってもよさそうだ。選曲は基本的に野宮真貴ボーカル時代のナンバー。歌詞など今のアイドルがあまり歌わないような、ちょっとひねった曲が多いんだけど、その組み合わせの妙がかな〜り楽しい出来ばえになっている。歌うアイドルたちにあわせてアレンジャーも5組起用。小西氏のご指名に応えようとみんな張り切ってて、ここでもさらなる化学反応が起きている。期待を裏切らない佳作といっていいだろう。
ちなみにバニラビーンズのファンとしては、彼女たちがすでにレパートリーにしている「東京は夜の七時」「ベイビィ・ポータブル・ロック」などでの参加だとつまんないな…と思っていたところ、ちゃんとそれ以外の曲を割り当てられて、しかも最多の3曲!…ということで非常にうれしかった。仕上がりもゴキゲンだ。2015年4月リリース。 ★★☆(2015/07/21)

「風は君の答えを待っている」 初音

2015年4月リリースの3rdアルバム(8曲収録+オルゴールインスト3曲)。アルバムリリースは約3年半ぶりで、メジャーレーベルを離れてからは初となる。活動する環境が変わっても、彼女の基本的な音楽性は変わっていないことがよくわかる。しっかりしたメロディーと温かみのある歌声。聴いているとほっとさせられる感覚がよみがえってくる。自らを鼓舞するようなアップテンポな曲もいいけど、でもやっぱり彼女の真骨頂は3曲収録されているミディアム〜スローナンバーではないだろうか。純粋な恋心を歌った「ルール」での息遣いまで聴こえるようなボーカルのニュアンス…。こういう子には幸せになってほしいと心から願いたくなる。さらに、聖夜の華やかさと小さな幸福を抱きしめる愛おしさに満ちた「クリスマスカード」もとてもいい。ちょっと松田聖子が乗り移ってるような歌唱で、スケール感もあり何度も繰り返して聴きたくなる。本作でのベストだろう。シンプルなアレンジで歌う最後の表題曲も心に沁みる。そんな個人的な好みからすると、アルバムとしては、アップテンポとミディアムのバランスが逆でもちょうどいいくらいかも。 ★★(2015/07/21)

「ショコラ☆ロマンティック」 どる☆NEO

「どる☆NEO」は、Doll☆Elements(どるえれ)とNEO fromアイドリング!!!の2グループによるコラボ企画ユニット。本作は2015年2月にリリースされたシングルDVDだ(1曲収録)。リリース当時は全然チェックしてなかったのだけど、4月のどるえれワンマン(@新宿BLAZE)で気に入って後追いで買った。楽曲は、タイトルとリリースのタイミングからもわかるように、いわゆるバレンタインもの。でも、よくある楽しい感じではなく、切ないリズムにのせて女の子のいじらしさ&かわいさを歌った内容になっている。プロデュースは伊秩弘将。クオリティー高いわ。ボーカルは総勢12人が次々と歌い継いでいくスタイルで、このへんの一人ひとりの個性を生かす演出もうまい。その中でも、「♪ネイルうまくできた時は〜」と最初の山場になるフレーズを歌っている小島瑠那さん(るなぽん)の声質はひときわ印象に残る。DVDにはMVの他にメイキング映像がたっぷり収録されていて、これもけっこうおもしろい。ちなみにCDでの発売はなし。 ★★☆(2015/07/21)