CD Review --228--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「スタイル・アンド・カウンシル」 バニラビーンズ

2015年5月8日に行われたバニラビーンズのワンマンライブ(@渋谷club asia)で、「来場者特典」としてお客さん全員に配布されたスペシャルシングル(2曲収録)。表題曲は、元BEAT CRUSADERSの日高央(ヒダカトオル)氏が書き下ろした新曲。基本はポップだけど、バニラビーンズにしては比較的珍しいロック色強めのナンバーという印象かな。バンドサウンドとの相性もよさそうだし、バニビらしいカラーを残しつつ、新鮮味も感じさせる…という、なかなかツボにハマったディレクションだと思った。サウンド的には、全体に「なんとなく佐野元春風味」というところがおもしろい。タイトルからは当然「スタイルカウンシル」を連想するわけで、「スタカン」→「SHOUT TO THE TOP」→「YOUNG BLOODS」→「佐野元春」…という連想だったりするのだろうか。だとしたら遊び心だな〜。
C/W曲「ハミングがきこえる」は渋谷系有名曲のカバー。メンバー自身が選曲したそう。この曲も日高氏のアレンジで、2人のソロパートがけっこう聴けるのも楽しい。ソロが聴けるバニビ曲、意外に少ないからね。今のところシングルとしてのリリース予定などはアナウンスされていない本作。音源が一般発売されるのは次回アルバムくらいまで待たないといけない感じなのだろうか。 ★★☆(2015/07/30)

「ふへへへへへへへ大作戦」 寺嶋由芙

4thシングル(2曲収録)。2015年5月リリース。表題曲(「へ」は7つ!)は、ずばり「松田聖子リスペクトサウンド」。今どきのアイドルのシングル曲としてはゆったり目のBPMで展開するメロディーと、たっぷり使ったストリングス(系シンセ)、女声コーラス、パーカッション、グロッケン…などなど。とくに「女声コーラス」が80年代っぽい雰囲気をとても強くかもし出している。もし「松田聖子っぽい曲」というカテゴリがあるとしたら、いちばん成功している部類ではないだろうか。爽やかで気持ちいい。ゆっふぃーのボーカルもきれいに納まってるしね。歌詞は大森靖子さん。インパクトのあるタイトルだし、どんな内容なんだろう…と思って聴いてると…わりと普通だったかな。タイトルだけの「出オチ」みたいな感じ? でも、それもないとさらに普通になってしまうから、これはこれで良かったんだと思う。C/W曲「YOU MAY DREAM」は有名曲カバー。後半の英語のセリフになぜか萌える。 ★★(2015/07/30)

「PPEP1」 the peggies

2015年5月リリースのミニアルバム(5曲+隠しトラック1曲収録)。前作がタワレコ限定だったので、限定なしで初の全国流通盤。基本的にはその前作「good morning in TOKYO」の延長線上の作品といえそうだ。ライブでよく演奏している曲を中心に、現在進行形のペギーズを聴くことができる。スリーピースらしいストレートでエモーショナルなM1「JAM」M4「僕らの戦争」に対して、M2「どきどき☆レボリューション」M3「カウンター!」で聴かせる華やかでポップなアレンジの対比が鮮明だ。とくに彼女たちの新しい引き出しといっていいのが、追加されたギター、キーボード、コーラスワーク…などが印象的な後者の方向性だろう。3人で突っ走るステージでのペギーズとはちょっと違う、スタジオレコーディングならではの作品をつくり込んでいくスタンスに進化を感じる。歌詞をじっくり聴かせるミディアムナンバーM5「ヘルズ」と、その後のリラックスした雰囲気に思わずほっこりしてしまうアコースティックなボーナス曲(♪MUSIC IN MY LIFE〜と歌う)もいい。コンパクトな作品だけど想像以上にバラエティに富んだ盤といえるだろう。 ★★☆(2015/07/30)

「Softly、はじまるよ」 Softly

北海道苫小牧を拠点に活動している高校生2人組シンガーソングライターの1stミニアルバム(6曲収録)。リリースは2015年4月。本作リリースの数か月前、たまたま彼女たちのデビュー曲「Maybe 〜どうでもいいの〜」を試聴する機会があった。ぱっと聴くとアコースティックサウンドを生かしたフォーク調なんだけど、じつはボーカルもメロディーもかなりポップな(ちょっとR&Bっぽいテイストも入った)J-POP的なナンバー。この構造はおもしろいな…とずっと気にとめていて、その後都内であったイベントを見たのをきっかけに、このアルバムも買ってみた。
結論からいえばとても大きなポテンシャルの感じられる作品。存在感のあるボーカルとくっきりしたメロディー。楽曲は、作詞がボーカルのMUTSUKIさん、作曲がギターのHARUKAさん…と2人の分業でつくられている。作品内容は高校生らしいピュアなものが中心。フレッシュでみずみずしい。でも、高校生だということ自体は、あまりウリにしてない感じかな。逆にいえば、そうしなくても十分勝負できると考えているということだろう。たしかにそうだと思う。アレンジをはじめスタッフワークも冴えている。「刺激的」ではないかもしれないけど、こういう音楽もいいと思う。 ★★(2015/07/30)

「BLU」 Rei

5月のライブサーキット「下北沢SOUND CRUISING」で聴いたシンガーソングライター「レイ」さん。予備知識なしでまったくの初見だったのだけど、確かなテクニックと素晴らしいパワーでブルースナンバーを歌うそのライブにすっかり魅了されてしまった。英語の発音もネイティブ。その時のステージの印象がずっと残っていて、店頭で本作を見かけた時にはすぐに手に取っていた。2014年10月にリリースされた1stミニアルバム(7曲収録・うち2曲インスト)。
彼女の持ち味は、ブルースといってすぐにイメージされるようなハスキーボイスではなく、若い女性のきれいな声で歌っていることだろう。それでいて甘ったるさは感じさせない。バーボンウイスキーにレモンをキリッと絞ったような爽やかなテイストを生んでいる。本作は全曲オリジナルで、そんな彼女の個性をたっぷり味わうことができる。ライブではほとんど英語詞で歌っていたけど、日本語詞を含む曲も3曲あって親しみやすさも増しているようだ。アレンジも含めて、伝統的なブルースというより、「ブルースをベースにしたポップス」…に仕上げている感じかな。インストナンバーでは彼女のギターの腕前も聴ける。1993年生まれと若く、ルックスも音楽性とのギャップのある童顔。ヒットチャートを賑わすタイプじゃないかもしれないけど、その才能には注目だ。 ★★☆(2015/07/30)