CD Review --233--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「MUSIC」 加藤いづみ

「オリジナル」で「フルアルバム」だと約9年ぶり、12作目となる11曲収録のアルバム。リリースは2015年8月。プロデューサーはおなじみの高橋研氏である。加藤いづみさんとのコンビは、もうほとんど「ユニット」といってもいいくらい。すべてを理解しあっている二人がつくりだす「ごく普通のポップスの楽しみ」が詰まったアルバム…それが第一印象だった。最初から最後までとにかく平均点が高い。ロックでも歌謡曲でもない、これぞ「ガールポップ」といいたくなる爽やかで、すっきり洗練された楽曲群。大部分の曲が高橋氏だけど、3曲(うち1曲は歌詞のみ)提供しているつだみさこさんもとてもいい味をつけ加えている。そして加藤さん自身が作詞・作曲した「銀天街」は終盤の大きなアクセントになっている。そんな楽曲と両輪をなすのがボーカルの力だろう。初期の頃からちっとも変わらないように思えるキュートで個性的な歌声だけど、でも歌い続けてきたことによって得られた成熟もまた確実に感じとれる。プライベートでは結婚して子供も生まれた彼女。でも、このアルバムにはそういう私生活の部分はまったく持ち込んでいない。純粋に一アーチストとして、音楽の魅力だけで真正面から勝負しようとしているように思える。その思いが「MUSIC」という大きなタイトルにもつながっている。名実ともに「加藤いづみの音楽はこれ」という自信が伝わってくる素晴らしい作品。 ★★★(2015/12/02)

「キスミーダーリン」 ななのん

2015年8月リリースの3rdシングル(2曲収録)。表題曲は「ザ50回転ズ」が書き下ろしたオールディーズ調のバブルガムロックンロールチューン。スピード感たっぷり! 楽しい! それで十分! デビュー曲「ななななのんのん」の衝撃があまりにも強すぎて、その後はちょっと静観してたのだけど、やっぱりこういう理屈抜きの曲でこられるとやられる。女の子が歌うロックは、パンクやヘビメタよりもやっぱりこういうかわいいロックンロールがいいなと思ってしまう。C/W曲「世界の始まりはいつも君と」は、ななのんのメンバー2人も参加している演劇集団「アリスインプロジェクト」の関連楽曲。こちらはまったく違う世界観だけどこれはこれでロマンチックでいい。 ★★(2015/12/02)

「ROCK NANANON」 ななのん

2015年3月リリースの2ndシングル(2曲収録)。「キスミーダーリン」(↑)を買った勢いでさかのぼって前作もチェックしてみた。「ROCK NANANON(ロックななのん)」は、歌詞がデビュー曲同様の自己紹介ソングであり、曲調は3作目へと続くバブルバムロックンロール路線に舵を切った作品。こうして改めて聴いてみると、ちゃんと「流れ」が出来ていることに感心したりする。曲自体もとてもキャッチー。サビのフレーズなんか一発で耳に残ってしまう。かわいらしくて楽しいアイドルらしい曲。いいんじゃないかな〜。一方のC/W曲「Android1617」は、意表を突くサイバーなハウス風クラブサウンド。彼女たちのまた違う面に触れることができる。ジュヴィナイルSFみたいな雰囲気もわるくない。 ★★(2015/12/02)

「テディベアとパスワード」 トベタ・バジュン feat. 野宮真貴

2曲収録のシングル(2015年8月リリース)。表題曲はかつてトベタ・バジュン氏がプロデュースしていた仙台のローカルアイドル「テクプリ」のナンバー。その曲をボーカルに野宮真貴さんを迎えてセルフカバーしている。オリジナルよりもややテンポを落とし、随所に散りばめられた「渋谷系オマージュ」のアレンジ、サウンド。大女優のように余裕しゃくしゃくで歌う野宮さんのボーカルの存在感と説得力が素晴らしい。全編、近未来をテーマにしたSF的な歌詞なのに、まったく違和感なくハマっている。まるでこちらがオリジナルで、テクプリの方がカバーのように思えてくるほどだ。
C/W曲はボンジュール鈴木さんのボーカル/ボイスをフィーチュアした「月の輪郭と午後の雨」。こちらも彼女の強烈な個性が前面に打ち出されていて、その新作といわれても納得してしまうくらい。雰囲気たっぷり。いずれもボーカリストの持ち味を引き出す…というトベタ氏のサウンドプロデューサーとしての力量が感じられる2曲。聴き応え十分。 ★★☆(2015/12/02)

「BOYZ&GIRLZ」 バニラビーンズ

2015年8月29日に行われたワンマンライブで来場者全員にプレゼントされたスペシャルシングル(2曲収録)。今のところ非売品となっている。「BOYZ&GIRLZ」は前回の同企画盤(「スタイル・アンド・カウンシル」)と同じく日高央氏による書き下ろしナンバー。曲調はダンスミュージック的なエレクトロポップかな。今までのバニラビーンズにはあまりなかった雰囲気だけど、シンプルでわかりやすいメロディーなどが意外なくらいしっくりくる曲でもある。あと、細かいところで歌い出しがリサさんのソロパート…というところもかなり希少。C/W曲は「桃太郎」(水曜日のカンパネラのカバー)。これもおもしろいけど、バニラビーンズのバージョンが…というよりはオリジナル楽曲の力だろうね。選曲のよさということで。ちなみに選曲はレナさんだそう。 ★★(2015/12/02)