CD Review --234--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「YOU LOVE ME」 星野みちる

2015年9月リリースの3rdフルアルバム(12曲収録)。サウンドプロデュースはおなじみの「はせはじむ、佐藤清喜」の両氏。ライター陣には、小西康陽、高浪慶太郎、奥田健介、ヤン冨田…など、ポップス好きなら思わず期待してしまうメンバーを招き、実際にとても平均点の高い仕上がりを実現している。際立ってるのはやはり、小西氏のM2「夏なんだし」。一聴すると同じメロディーを繰り返す単調な曲のようでいて、不思議といつのまにかクセになってしまう中毒性の高いナンバー。遊んでいるようなのに、ちゃんと計算されたグルーヴがそこにある。さすがとしかいえない。もちろん、プロデューサー2人の曲はもう鉄板。終盤、M9「INTERSTELLAR」からの一気呵成の流れには思わずワクワクさせられる。オープニングの「ディスコティークに連れてって」をはじめ、星野さん自身の書く曲もさらに進化中。ポップスとアイドルの融合した形として一つの見本といえるかも。 ★★☆(2016/02/01)

「Live Love Laugh」 Softly

6曲収録の2ndミニアルバム(2015年9月リリース)。基本的には前作の延長線上の作品といえそう。ちょっとR&B風味の入ったJ-POPを、アコースティックを基調にしたサウンドですっきりアレンジしている。そこに若々しさや爽やかさが感じられてとてもいい。ただ、作品全体には現役高校生デュオということや十代のアーチストということを意識させるようなところはほとんどない。ジャケット写真にも制服などは用いてないし、歌詞にも学校をイメージさせるようなフレーズは見当たらない。おそらく、このユニットに関してはそのへん(女子高生的なもの)を売りにする必要はなく、常に数年先を見すえた作品づくり、プロデュースが行われているということだろう。このスタンスは彼女たちの音楽性にもあっていると思うし、とてもしっかりした考え方だという気がする。高校卒業のタイミングでメジャーデビューが決まったということで、今後の展開も楽しみだ。 ★★(2016/02/01)

「いい感じ!〜どれにしようかな〜」 ふぇのたす

2015年6月に1stシングルとしてリリース予定だったが発売延期となり、9月に行われた解散ライブ当日に予約分のみの限定生産でリリースされた、ふぇのたす最後の作品(3曲収録)。その後も配信では買えるようになっている。タイトル曲はユニクロとのタイアップも決まり、コラボしたMVも公開されていた。ふわっとした題名の通りとても「いい感じ」の曲。ヤマモトショウ氏の言葉のチョイスはあいかわらず絶妙。C/W「ウルトラデラックススーパーストーリー」もイントロからして完璧なふぇのたす節で、もう聴けないのかと思うと改めて惜しいなと思ってしまう。最後に収められている「テレポーテーションルール」は貴重なミディアムナンバー。静謐さの中に伝えきれなかった思いを抱えた諦念のようなものが感じられる。これ以上ないエンディングは余計に切ない。解散後のメンバー2人はそれぞれにソロ活動の準備中とのこと。期待して待ちたい。 ★★☆(2016/02/01)

「迷宮センチメンタル」 みみめめMIMI

2人組“視聴覚”ユニット「みみめめMIMI」の1stアルバム(11曲収録)。リリースは2014年8月だけど、知ったのはそのちょうど1年後くらいかな。新作発表か何かを伝えるネットニュースに貼ってあった試聴音源を聴き、「これはいいんじゃないかな…」と思って買ってみたのだった。
「みみめめMIMI」は、楽曲を担当するタカオユキさんとイラストなどビジュアル面を担当するちゃもーいさんによるユニット。つまり、音楽的には全曲を作詞・作曲しているシンガーソングライター、タカオユキさんのソロプロジェクトといえる。ジャンルとしてはアニソンに分類されているけど、一般的な声優やアニソンシンガーが歌うアニソンとちょっと肌あいが異なるのは、このへんの事情が関係しているのかもしれない。つまり、ボーカルの個性的な歌い回しがそのままメロディーの一要素になっている。軽くしゃくりあげるような独特の歌い方がとても魅力的。楽曲全体に勢いとノリ、さらに深い情感を与えている。「のあのわ」のユッケさんなどを思い出す人もいるのではないだろうか。あのへんが好きな人ならどんぴしゃでハマると思う。
楽曲自体もかなりいい。シンガーソングライターといってもアニソンを聴いて育った世代という感じで、近未来感覚のストーリー性のあるポップといえるもの。結果的にアニソン的な要素を多用したトラックとの相性も抜群によく、ポップスファンが聴いてもアニソンファンが聴いても楽しめる音楽になっているのではないだろうか。アッパー曲だけでなくミディアムナンバーでも持ち味を感じさせる。遅まきながら注目していきたいアーチスト。 ★★☆(2016/02/01)

「CANDY MAGIC」 みみめめMIMI

2015年6月リリースの4thシングル。CDは2曲収録だけど、配信版だと単曲でパッケージになっている。一言でいえば「タカオユキさんらしい曲」。メロディーの運びといい、ピアノとストリングスが効いたアレンジといい、そしてボーカルのひたむきさとキュートさがないまぜになった感覚といい…。4分36秒という決して短すぎない曲なのに、もうあっという間に聴き終ってしまう。いいわぁ。ふと思ったんだけど、アルバム「迷宮センチメンタル」に収録されていてもまったく違和感はないだろう。ひょっとしたら同時期に制作されていた作品で、シングル用にとっておいた感じなのかも…。ちょっと「瞬間リアリティ」あたりとかぶるところもあるしね。 ★★(2016/02/01)