CD Review --244--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「君のいる世界が好きだよ」 Her Ghost Friend

男女2人組「空想電子ポップ・ユニット」の3rdフルアルバム(13トラック・実質11曲収録)。2016年7月リリース。ライブは過去に2度見たことがあって、わりと好印象だったものの、音源をちゃんと聴いたことはなかった…というグループ。本作はネットでダイジェストを試聴してみて、「あ、なんかよさげ…」ということで。
テクノを基調としたカラフルなドリーミーポップサウンド+かわいい声のヘタウマボーカル。この時点で基本的に好きなパターンなんだけど、改めて通して聴いてみてもやっぱり良かった! 全体的にBPMはゆったりめ。でも、どの曲も印象に残るグッドメロディーに惹きつけられる。オープニングでの「ドキーッ!」というボーカル、おのしのぶさんの一声で物語の世界に引き込まれ、エンディングまで一気に旅してしまう感覚かな。アクセントになってるのは、1000年後の東京の風景…というSF的な歌詞を、ラップというかポエトリーリーディング的な感覚で聴かせるM5「トワイライト・トーキョー」。そして、ちょっとシティポップ的なテイストも感じさせるM8「たぶんわたしがゆうれいだったら」。イラストレーターでもあるおのさんの作品を使ったジャケットも素晴らしいものだと思う。 ★★☆(2016/11/11)

「あかりの恩返し」 町あかり

シンガーソングライター・町あかりさんの2ndフルアルバム(14曲収録)。リリースは2016年8月。彼女も過去に2回ほどライブを見たことがあったけど、音源をちゃんと聴くのは本作が初めて。やはり、ネットでダイジェストを試聴して…という感じ。
全曲、「昭和の歌謡曲」をイメージしているという本作。70年代、80年代のヒットパレードの雰囲気を記憶している人なら、もうたまらないのではないだろうか。ふと口ずさみたくなるようなわかりやすいメロディーと、耳に残る印象的なアレンジ。どこかで聴いたことがあるようでいて、どの曲も町あかりさんの完全なオリジナルというところにまず驚かされる。歌唱も素晴らしい。親しみやすく、情感豊か。本当に聴きほれてしまう。でも、その歌詞をよく聴いてみると…意外にも現代的な事象や風俗をちょっと意地悪な視点で切り取り、ピリッとスパイスを効かせたユーモラスな内容となっている。「単に懐メロっぽいだけ」ではないところに、確かな彼女のオリジナリティーがある。特に前半は佳曲のオンパレード! 中でもM1「最高のセットリスト」、M8「優先席に座りたい」をベストとしたい。 ★★☆(2016/11/11)

「MY FAVOURITE SONGS」 星野みちる

2016年9月にリリースされた全曲カバーアルバム(10曲収録)。オリジナルでも佳作を連発しているはせはじむ、佐藤清喜両氏をはじめとするおなじみのスタッフとがっちり組んでのカバー集だけに、「ちょっと目先を変えた新鮮さ」を楽しむことができる。
全体に原曲と比較すると「リラックスした楽しさ」を感じさせる方向性で仕上げている印象。おそらく星野さんの柔らかい声質を生かしているのだろう。同時に、彼女の歌の持つ「説得力」「表現力」を強く感じさせられる曲もある。たとえば、山下達郎の「ずっと一緒さ」、安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」…。どちらも軽くさらっと歌っているのだが、原曲とはまた違うタイプの心に迫る歌唱といっていいと思った。アレンジとボーカルがぴたっとハマっていて楽しいのは、EPOの「土曜の夜はパラダイス」、杏里の「SUMMER CANDLES」など。ikkubaruの「Love Me Again」は彼女のために書かれたオリジナルだと言われても何の違和感もない仕上がりだ。いろんなアーチストの曲を集めているのに、一枚のアルバムとしての統一感があるところも良い。 ★★(2016/11/11)

「Snowflake」 GFRIEND

韓国の6人組ガールズグループ「ジーフレンド」(韓国語では「ヨジャチング」)。興味を持ったきっかけは、夏ごろに見た本作のリードトラック「Rough」のMVだった。イメージにあったこれまでのK-POPのアイドルグループとは違うな…という印象を受けた。調べてみると、2015年頃から「清楚系」、または「清純系」といわれる、ちょっと日本のアイドルにも通じるような個性を持ったグループが次々とデビューしてブームになっているとのこと。GFRIENDはその代表格であり、韓国でも人気ナンバーワンの新進グループなのだった。
2016年1月リリースの本作は、そんな彼女たちの3rdミニアルバム(6トラック:実質5曲収録)。全曲韓国語で歌っている。やはりいちばんの聴きどころは「Rough」だろう。卒業と友情をテーマにしたマイナー調の曲。かけがえのない時間を愛おしむようなスピード感のあるメロディー、それを彩るドラマチックなストリングスのアレンジが効いている。日本ではありそうでない曲だと思う。MVやステージで見せているダイナミックなダンスも曲にとてもよくあっている。C/W曲も、歌謡曲っぽい曲、ポップ曲、ミディアムナンバーなどそれぞれタイプの違う4曲。共通しているのは「爽やかさ」というキーワードかな。ミニアルバムだけど、グループの持ち味をたっぷり感じることができる、聴き応えのある充実作。これはファンになるよね! ★★☆(2016/11/11)

「LOL」 GFRIEND

2016年7月リリースの1stフルアルバム(11トラック・実質10曲収録)。リードトラック「Navillera」は韓国でナンバーワンヒットとなっている。基本的には同曲の爽やかさ、元気さといったイメージを軸にしたポップ曲を集めた作品…といっていいだろう。
前作となるミニアルバム「Snowflake」がとても良かったので、フルアルバムも期待して聴いてみた。結論からいうと、聴き終わった時にこれというイメージが残らなかった…というのが正直なところかもしれない。無難というか、やや散漫というか、何度もリピートしたくなるようなキラーチューンがない印象。ヒット曲の「Navillera」も、張り詰めたテンションが素晴らしかった前作(「Rough」)と比較してしてしまうせいか、この1曲でフルアルバム一枚を引っ張り切るだけのパワーはないような気も…。あえてあげるなら、全員ユニゾンのラップをコーラス的に使ったM10「Click」の楽しさが耳に残った。期待が高かっただけに、ちょっと肩透かし…だったかな。次作での挽回を楽しみに待ちたい。 ★☆(2016/11/11)