CD Review --246--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「GOTTA-NI」 二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band

シンガーソングライター二階堂和美さんと、在日ファンクのトロンボーン奏者・ジェントル久保田氏が率いるビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」のコラボレーションによるフルアルバム(11曲収録)。リリースは2016年9月。たまたまYouTubeでライブの様子やリード曲「Nica's Band」のMVなどを見て一発で気に入ってしまった!
基本的には二階堂さんのオリジナル(既存曲)をGentle Forest Jazz Bandがジャズ仕立てにアレンジしなおしたもの。しかし、どの曲も「最初からこうだった」としか思えないほどピタッとハマっている。ノリノリでも聴けるし、しみじみとも聴ける。強烈にジャズでもあり、日本の風土に根づいたブルージーな「うた」でもある。楽しく聴きやすいのに深い奥行きと余韻を感じさせる。多彩な魅力を持つという意味では、まさにタイトル通りの「ごった煮」だ。同時にどちらかが自分の世界に引き寄せるのではない素晴らしい統一感をも生んでいる。それぞれが確立された世界を持つアーチスト同士のコラボとしては満点といっていい形ではないだろうか。アルバムを聴き通すと、一つのステージを見たような気分になる構成も気が利いている。いつかライブでも見てみたい! ★★★(2017/01/10)

「Various BLUE」 雨宮天

2016年9月にリリースされた雨宮天(あまみや・そら)さんの1stフルアルバム(12曲収録)。最近の声優は、オーディションの時からオリジナル曲を歌う音楽活動もするという前提で選ばれている。そんなわけで、彼女についても「アイドル顔負けの美人声優」としてデビュー当初から知ってはいたけど、音源をちゃんと聴くのは本作が初めて。店頭で試聴して「良いかも…」という感じで。
全体としては、アニソンをイメージさせるモード/マナーに則ったアッパー曲が半分強、ロマンチックなポップスの要素のある曲が半分弱、という印象。好みとしてはそれぞれの割合が逆でもいいと思ったけど、春奈るなさんの初期曲の雰囲気が好きな人ならけっこう気に入るのではないだろうか。歌謡曲っぽいM5「Glitter」が大きいアクセントになっている。ボーカルは聴きやすい声質でしっかり歌っている。もう少し力強さが加わればもっと良くなりそう。次作も聴いてみたくなった。深い青で統一されたジャケット周りの雰囲気も好きだな。 ★★(2017/01/10)

「Magical brinq Tour」 brinq

「brinq(ブリンク)」はユウ フジシマ氏のエレクトロポップ・ワンマンユニット。本作は2016年9月にリリースされた1stフルアルバム(14トラック・実質11曲+リミックス1曲収録)となる。歌っているのは全曲ゲストボーカル。minan(lyrical school)、アンテナガール…をはじめ多彩な個性を楽しめる。1曲以外はすべて女性ボーカルというところもとても私好みだし。
知ったきっかけはタワレコの情報誌「bounce」の記事。なんとなく気になってネットで試聴したところ、M2「baby baby」(feat. minan)のポップでカラフルなサウンドにノックアウトされた! CDでちゃんと聴きなおしても全曲良い! エレポップ好きは必聴の快作ではないだろうか。クラブでかかってもおかしくない本格的なサウンドにキャッチーでポップなメロディーが絡み、それを魅力的な歌姫たちが甘くかわいく歌い上げる。いつでもどこにいてもTOKYOのキラキラ輝く夜の世界を体感できる。ひたすらリピートしたくなる。タイトルの『Magical brinq Tour』は本作の雰囲気をとてもうまく表現していると思った。他アーチストへの楽曲提供などはしていないのだろうか。そっちも大いに期待できるような気がする。要注目のアーチストだ。 ★★☆(2017/01/10)

「Dreaming」 April

このところちょいちょい聴いているK-POPガールグループのお気に入り、それがApril(エイプリル)。本作は彼女たちのデビュー作となる1stミニアルバム(6曲収録)。2015年8月リリース。
やはり、いちばん印象的なのはリード曲「Dream Candy」だろう。デビュー時の平均年齢17歳という若さを生かして、まるでファンタジーの中の妖精のような女の子がコンセプトになっている。サビの「♪パラパパ〜」というフレーズは一発で記憶に残り、そのキャッチーさはとてもK-POPらしいのだけど、イメージはあくまでも爽やかでキュート。ポップスとしての完成度の高さとメンバーのフレッシュさを見事に融合させている。しかし、C/W曲では洋楽(R&B)っぽく洗練されたM2「Hurry Hurry」やダンスナンバーM6「Thriller」もしっかり用意されていて、グループの可能性を決して一つの方向だけに限定していない。しっかり歌えるボーカルメンバーとアクセントをつけるかわいい声のメンバーのバランスもよく計算されている。とてもレベルの高いデビュー作ではないだろうか。 ★★☆(2017/01/10)

「Boing Boing」 April

続けてAprilが2015年11月にリリースした2曲収録のシングル。韓国では日本のシングルに相当するのがミニアルバムなので、こういう純粋な「シングル」はけっこう珍しいようだ。デビュー2曲目となるリード曲は「Muah!」。
「Muah!」(ムァ)はキスを表す擬音で、日本語でいえば「チュ!」にあたる感じかな。タイトル通りのとてもかわいらしいナンバー。ビジュアルのコンセプトなどは、デビュー作の「妖精」からヨーロッパの「リセエンヌ」っぽいものに変わっている。それにあわせて、サウンド面でもややダンサブルな要素が強化されている感じ。活発で元気なイメージになり、楽曲としての楽しさもアップしている。2016年10月の日本での初コンサートでもアンコールの最後の曲として歌われていた。いちばん盛り上がるナンバーという位置づけになっているのかも。個人的にも聴くほどに好きになっていく曲。ちなみにデビュー当初は6人組だったが、早々に1人脱退してこの曲からは5人で活動することに。 ★★☆(2017/01/10)