CD Review --248--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「LSC」 ラブリーサマーちゃん

2016年11月リリースのメジャーデビューアルバム(12曲+隠しトラック1曲収録)。タイトルは「ラブリー・ソングス・コレクション」の略。新録やリミックスの表記がある3曲はインディーズ時代にもリリースしていたナンバーだろう。
振り幅が大きい作風は以前のまま。というよりさらに間口を広げているようだ。ギターポップ、ロック、シティポップ、アイドル、テクノ、ハウス…。どういう音楽性なのか一言で表現するのはかなり難しい。でも、すべての曲がラブサマちゃんのボーカルによって完全な統一感を得ているのもまた確か。さらっと歌っているようでいて、とても味わいのあるボーカル。とりわけミディアムナンバーで圧倒的な力を発揮する。オープニングの「あなたは煙草 私はシャボン」、切ないサビがいやおうなしに青春を感じさせるM3「青い瞬きの中で」、おっさんホイホイだわ〜と言いたくなるM12「僕らなら」など、ギターポップ的なナンバーはどれもいい。シンプルな繰り返しに思わず引き込まれてしまうM8「わたしのうた」や、たった7行の歌詞と延々と続くギターのフレーズで8分19秒を持たせてしまうM11「天国はまだ遠く」のような深みのある世界も彼女ならではのものだろう。もちろん楽しい曲は徹底して楽しい。これは現時点での彼女のすべてが詰め込まれた作品なのか、それとももっと引き出しがあるのか。とにかく聴きごたえのある盤である。 ★★☆(2017/02/24)

「6 femmes」 sugar me

6曲収録のカバーミニアルバム(2016年11月リリース)。「6 femmes」はフランス語で「6人の女性」を意味する。女性が主人公の曲、あるいは女性シンガーが歌っていた曲を集めたということだろう。
どの曲もすっきりとしたアコースティックサウンド。1曲目が比較的軽快なノリなのを除けば、いずれもミディアム〜スローナンバーだ。6曲中5曲が洋楽カバーで、歌詞も英語・フランス語。ぱっと聴いて良さがわかるというより、何度もリピートしているうちに、それぞれの曲の美しいメロディーが心に沁みわたってくる。そんな作品だと思った。最後のM6「夜明けのうた」だけは日本語詞で歌われる。繰り返し聴いているうちに、この曲の持つ魅力にうならされた。オリジナルは岸洋子(1964年)。半世紀以上前の曲だ。詞曲ともにとてもシンプルなのだが、何か大きな挫折、あるいは失恋から立ち直ろうとする人の心の強さが伝わってくるような素晴らしい曲である。こういう曲を聴くと、歌詞が母国語でその意味やニュアンスが直感的に理解できることのありがたみがよくわかる。ボーカルも過去の曲に新しい力を吹き込んでいる。とても新鮮に聴けた。 ★★(2017/02/24)

「WAFLELE」 waffles

「ワッフルズ」+「ウクレレ」=「ワフレレ」。ボーカルの大野さんが本来の楽器であるピアノではなくウクレレで曲をつくっているうちにミニアルバムが一枚出来てしまった…という作品。リリースは2016年11月。収録されている6曲のうち純粋な新曲は4曲で、あとの2曲「春うれれ」「貝殻のなみだ」はそれぞれ「春うらら」と「ドングリのなみだ」をウクレレアレンジで新たにレコーディングしなおしたものだ。
新曲はいずれもワッフルズらしいギターポップサウンド。ウクレレはどちらかといえば隠し味的に使われてる感じかな。どの曲も共通しているのは、この数年ではっきりしてきたポジティブで明るい世界観である。バンド結成から15周年。大人になるということは力強く前向きに生きていかないといけないということであり、そのためには「楽観」も必要なのだ…といった話を大野さんはライブのMCでしていた。そんな彼らの方向性に、明るくてフットワークの軽いウクレレという楽器の存在感やサウンドがぴったりシンクロしたということだろう。一見「企画もの」にも見えるけど、実はワッフルズの「現在」をリアルに切り取った一作だと感じた。 ★★(2017/02/24)

「Day dream」 UKO

2016年12月リリースのEP(4曲+リミックス2曲の6トラック収録)。前作(1stアルバム)に引き続いてシティポップサウンドがベースになってはいるものの、全体的にやや重めでファンク色の強いリズムが導入されているのが、本作の大きな特色だろう。クニモンド瀧口氏が全曲プロデュースした前作が非常に完成度の高い作品だっただけに、同じ方向性、同じスタイルではもうあまりやるべきことが残されていないと考えたのかもしれない。結論からいうと、骨太で渋い色合いの新たな境地を感じさせる一作となっているのではないだろうか。ツボを押さえた楽曲と確かな実力を感じさせるボーカル。力のこもった意欲的な作品だと感じた。ただ、単純なシティポップス好きとしては、洗練された華やかさや思わずキュンとなるメロウネス…のようなものが、より前面に出ていてほしいという気持ちもどこか捨てきれない。その意味からは、M2「me.」がもっとも聴きやすく楽しめる一曲だといえる。 ★★(2017/02/24)

「Tropical Winter」 Natsu Summer

新曲2曲+リミックス3曲が収録された2ndEP(2016年12月リリース)。彼女もまたクニモンド瀧口ファミリーの一員であり、本作も前作同様、同氏が全面プロデュースした作品となっている。M1「トロピカル・クリスマス」はタイトル通り、レゲエ調のクリスマスソング。ベタだけどいいわ〜という感じ。ボーカルは色気少な目で、わざと純真無垢な歌い方だろうか。M2「一緒に夢を見ましょう」はぐっと大人っぽくなる。曲調にもちょっとミステリアスな要素が加わる。クニモンド氏の職人技が冴えるカッコいいシティポップ調のレゲエである。リミックス3曲はいずれも「DUB」と表記されているから、そういうスタイルなのかな。大胆にオリジナルに手を加えていて、まったく違った曲のような新鮮さで楽しめる。全体にボーカルものとしてじっくり聴くというよりも、深夜の自室などプライベートな環境の中に自然に溶け込む音楽かもしれない。リラックスして聴けてとても心地よい。 ★★(2017/02/24)