CD Review --249--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「愛、かましたいの」 Negocco

2016年12月リリースのシングル(2曲収録)。表題曲の作詞・作曲は堂島孝平氏。サウンドのテーマは「オールディーズ」で、聴くと確かにそんな感じだけど、印象としては個々のボーカルや三人のコーラスワークから生み出される「Negiccoらしさ」の方が勝っているのではないだろうか。個性的な楽曲に全然負けてない! 歌詞も彼女たちの曲によくあるダブル・ミーニングで、ちょっと内気なボーイフレンドのじれったさを歌う内容が、そのままNegiccoとファンの関係性へと重なっていく。単純に楽しく聴けると同時に、どんな曲でも歌いこなしてしまうグループの成長が感じられるナンバーだ。
C/W「私をネギーに連れてって」もいいね。80年代イメージのウインターソング。イントロのアマチュア無線とか「サロット」なんてフレーズは、ずばり映画「私をスキーに連れてって」のオマージュで泣かせる。この曲もゲレンデの恋を歌っていた歌詞が、気づいたらNegiccoのライブアンセムにすり替わっている。ライブでも間違いなく盛り上がりそうだ。 ★★☆(2017/03/03)

「ファースト・フライト」 井上ほの花

2016年12月のリリース時点で18歳だった若手声優・井上ほの花さんの1stミニアルバム(5曲収録)。きっかけは「無果汁団」(元blue marbleのメンバー2人による楽曲制作ユニット)が全面プロデュースというツイッター情報。「これはかなり良いはず…」とほとんど試聴もせずに予約してみた。
結論からいうと、期待を裏切らない佳作。ポップなのに一筋縄ではいかない個性的な楽曲にまず惹きつけられる。そして聴けば聴くほど味わいが増していく。今っぽいというより、1980年代をイメージさせるサウンド。当時を知る人には懐かしく、知らない人には新鮮に響く…そんなアレンジだろう。かつてのblue marbleを感じさせる部分を随所に残しながらも、全体的には「ピュアでコンサバなアイドルらしさ」が求められる若手声優の立ち位置にあわせてカスタマイズしたコンセプトといえそうだ。もちろん、ボーカルの声質の良さや素直な魅力もとてもよく引き出している。ベスト曲を選ぶとすれば、アルバムの最初と最後、M1「月世界フライト」とM5「わすれもの」かな。次作でもぜひこの無果汁団とのコラボレーションを聴かせてほしいものだ。 ★★☆(2017/03/03)

「Prelude」 April

新メンバー2人を加えて、デビュー当初の6人編成に戻ったエイプリル。本作は新体制での第一弾となるミニアルバム(新曲5曲+過去曲の新録3曲収録)。リリースは2017年1月。新メンバー追加と同時に大きなコンセプト変更があるかも…と一部のファンは心配していたようだが、全体的にはこれまでの延長線上の作品となっている。
まずリード曲「April Story(春の国の物語)」は、これまでにはなかった切ないマイナー調のナンバー。第一印象はけっこう大人っぽい。ただ、歌っている内容は「片思い」で、それを童話の世界に託している。十代がほとんどのメンバーの年齢相応にまとめていて、無理な背伸びはさせてはない感じかな。聴けば聴くほど良さが増していく曲でもある。結果的に、グループの新たな引き出しを増やしつつ、これまでのコンセプトとの連続性も確保した曲となっている。
C/WではM4「Wow」がいいね。こちらは一転して明るくノリのいい曲。「早く告白してよ」と焦れてる女の子の気持ちを歌っていて万国共通の青春もの。かわいいし楽しいし言うことなし! 次作はこんな感じの曲をメインにもってくるのかな…と予想してみたり。過去3曲の新録もボーカルをレコーディングしなおしただけではなく、トラックもリミックスを加えてバージョンアップ。いずれもリズム面が強化されて楽しい仕上がりとなった。新体制でいいスタートが切れたのではないだろうか。 ★★☆(2017/03/03)

「HeeJin」 LOOΠΔ

「LOOΠΔ(ルーナ)」はK-POPの新たなガールグループ。韓国語では「イダレソニョ(今月の少女)」。その名の通り、毎月新しいメンバーを一人ずつ発表し、最終的には12人になるという。しかも、その都度、新曲をリリースしていくという、かなり大規模なプロジェクトだ。スタートしたのは2016年10月。本作はその最初のメンバー、ヒジンのデビュー盤である。
トップバッターなので曲は「ViViD」の1曲だけ。シングルには同じ曲の「アコースティック・バージョン」も収録され2曲入りとなっている。プロジェクトのスタイルが珍しいだけでなく、楽曲もかなり個性的。ヨーロッパの放浪芸人の曲をモチーフにしたポップス…とでもいえばいいのかな。エキゾチックでセクシーで、でも現代的でもある。普通、16歳の女の子に歌わせようとは思わないような曲。しかし、そのとても難しい曲を見事に歌いこなしている! かわいいルックスからは、どうしてもアイドルのイメージが強いが、いわゆる「K-POPアイドル」のテンプレには収まらない存在感&楽曲といっていいだろう(ソロということもある)。まったくテイストが異なるアコースティック・バージョンも良い。 ★★☆(2017/03/03)

「HyunJin」 LOOΠΔ

「LOOΠΔ」の二人目のメンバー、ヒョンジンのデビュー盤。2016年11月リリース。ソロ曲の「Around You」と、ヒジンとのデュエット曲「I'll be There」の2曲が収録されている。
まずソロの「Around You」は、女性シンガーソングライターが歌いそうな優しいメロディーのミディアムナンバー。これまた16歳のアイドルのためのオリジナルとしては異色かもしれないが、曲の雰囲気にとてもあった歌唱で何度でも聴きたくなる。一方の「I'll be There」は、小気味いいリズムの効いたスピード感のあるポップ曲。こちらは素直に楽しいアイドルソングだ。両曲とも東京でロケした公式MVが公開されており、楽曲の世界観にマッチしたクオリティーの高い映像に思わずハマった。サウンドとヴィジュアルのハイブリッドという面からも要注目だろう。ひょっとしたら「LOOΠΔ」というプロジェクトは、アイドル的なテンプレ、既成概念を無視していくことを一つのコンセプトとしているのかもしれない。その意味ではまさに韓国版「楽曲派向けアイドル」といえそうだ。インパクトの強い2曲で隙のない一枚。 ★★★(2017/03/03)