CD Review --250--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「sweet life」 バニラビーンズ

2017年2月リリースのデジタルシングル(1曲のみ)。なぜこの時期に1曲だけ配信?…という感じだけど、考えてみると単独名義での新曲は5thアルバム以来の約1年ぶりとなる。記念すべき「10周年イヤー」のはじまりだというのに、1年以上リリース間隔が空くのもなあ…ということで、いわば「つなぎ」といった位置づけの一曲かもしれない。
ただ、作品自体は素晴らしい仕上がり! bice「光の中へ」(2001年)のカバーなのだが、歌詞は新しくつけなおしている。初期のアコースティック感+近作の比較的密度の高いアレンジをうまくハイブリッドさせたサウンド。メロディアスな楽曲の魅力を完璧に引き出している。爽やかな二人の声質にもぴったりだ。また、歌詞も10周年を迎える彼女たちの「自然体」とその中での「成熟」を表現しており、バニラビーンズをずっと近くで見てきた田形美喜子さんならではの言葉になっている。繰り返し聴くうちに、「やっぱりバニビはこの方向性だな…」という気持ちが確信に変わっていく。新たなチャレンジもいいけど、ベースはいつまでもこのあたりに置き続けてほしい…そう願うファンは自分だけではないだろう。 ★★★(2017/03/14)

「Wonder Trip/真冬のTropical Night」 Faint★Star

両A面の新曲2曲+リミックス3曲を収録したEP(2017年2月リリース)。サウンドは彼女たちらしいデジタルダンスポップ。ただ、「DESTRUCTION」「ネヴァエバ」と続いたハードコアタイプの楽曲と比べると印象はぐんと柔らなくなっている。一言でいえば聴きやすくて楽しい! 弾むような感覚の「Wonder Trip」と、ちょっと大人っぽく都会的な洗練を感じさせる「真冬のTropical Night」…。2曲のバランスもとても良いと思った。ボーカルも聴いただけですぐにわかる独特の個性が定着してきており、トラックのクオリティーとあわせて期待を裏切らない。C/Wのリミックスもよく出来ている。ライブでもリミックスバージョンのトラックを使って歌うこともあり、完全に原曲を崩してしまうというよりも、「別アレンジバージョン」といった方がいいのかも。もちろん、オリジナル版よりは遊んでいるので、その分新鮮に楽しく聴ける。だから、このユニットの場合、すでに持っている曲でも全バージョンをそろえたくなってしまうのだ。 ★★☆(2017/03/14)

「S×W」 春奈るな

KOTOKO、戸松遥、真山りか、AKIRA、三澤紗千香…という5人のアーチストとのコラボ(デュエット)楽曲を集めたミニアルバム(5曲収録)。2017年2月リリース。共演相手はアニソン/声優系アーチストが中心なので、全体的にはアニソンマナーのアッパー曲がメインになっている。
その中でもいちばんアニソン色が強いのがM1「S×W -soul world-」だろう。でも、勢いがあってカッコいいし、メロディーもリリカルで何度でも聴きたくなる。トータルではこの曲がいちばん好きだな。タイトルナンバーというのも十分納得できる。それ以外の曲も、少しずつタイプの異なる楽曲をそろえていて、コラボの組み合わせごとの個性が感じられる仕上がりだ。ファンとしては春奈るなさんのボーカルが普段の半分しか聴けないのが惜しいところでもあるけど、比較的コンパクトな作品だし、企画ものとして一気に聴いて楽しめばいいのかもね。 ★★(2017/03/14)

「HaSeul」 LOOΠΔ

毎月新しいメンバーをお披露目していくK-POPグループ「LOOΠΔ」。本作はその3人目、ハスルのデビュー作(2曲収録)。リリースは2016年12月。
ソロ曲「Let Me In」は、極北の国・アイスランドの荒涼とした原野を背景に撮影されたMVがぴったりのミディアム〜スローナンバー。ほぼ全編でフィーチュアされるストリングスが美しい。スケール感のある楽曲を歌いこなすボーカルも堂々としている。デビュー時点で18歳という彼女。先行メンバーより少しだけ年上ではあるのだが、だとしてもかなりの歌唱力であることは間違いない。C/W曲「The Carol」は、そのハスルにヒジン、ヒョンジンも加わった3人で歌うクリスマスソング。こちらはまったく奇をてらわないというか、ど真ん中の直球という感じのナンバー。浮き立つような楽しいクリスマスのワクワク感があふれている! 2016年のクリスマスシーズンにいちばんよく聴いた曲かもしれない。何気ないようだけどものすごくよく出来ている。このグループのトラックを制作しているクリエイターの実力が感じられる楽曲だ。 ★★☆(2017/03/14)

「YeoJin」 LOOΠΔ

「LOOΠΔ」の4人目のメンバー、ヨジンのデビュー盤(3曲収録)。2017年1月リリース。「Kiss Later」は彼女のソロ曲。弱冠14歳の彼女にあわせて、童話の世界をイメージさせるミュージカル風サウンドがポイントだろうね。シャッフルビートとホーンズ&ストリングスをたっぷり使ったリッチなアレンジ。とにかく楽しい! 過去3人のソロ曲は、いずれもひねりのあるアーティスティックな楽曲で統一されていたのだが、ここにきていきなりエンターテインメント性全開とは! うれしい裏切りと言っていいだろう。ボーカルは、まだ幼さの残る声質・歌唱だけど、それもちゃんと計算に入っている印象。あえて注文をつけるならMVに出てくるカエルの着ぐるみがやや気持ちワルイことくらいか…。
C/Wの「My Sunday」はヒジンとヒョンジン、「My Melody」はハスルとヨジンがそれぞれ歌う。この2曲、まったく同一のトラックで歌詞とサビメロだけが異なる「双子曲」というアイデアになっている。アコースティックなポップ曲。どちらかといえばこれまでソロのために用意されていた曲の流れだろう。クオリティーは高い。そして、「I'll be there」コンビの再現となった「My Sunday」のMVのフレッシュさにはただただ見とれてしまう。 ★★☆(2017/03/14)