CD Review --251--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「天使のテレパシー」 寺嶋由芙

3曲収録のシングル(2017年3月リリース)。タイトル曲は、春らしく爽やかなど真ん中のアイドルポップス。彼女の曲としては、80年代リバイバル路線だった「ふへへへ…」の延長線上にある作品といっていいだろう。しかも、ネタ的な要素はほとんどなく、「真面目なアイドル」を体現するかのごとく、サウンドの端々に至るまでものすごく丁寧に仕上げられている。本家の80年代アイドルポップスと並べても何ら遜色のない出来ではないだろうか。
それに対して、ネタ性満載というか、ゆっふぃーとそのスタッフの茶目っ気をたっぷり感じられるのが、C/W曲「終点、ワ・タ・シ。」だろう。なんとテイチクらしい本格演歌! 着物のジャケットやMVまで作ってしまう凝りようだ。しかし、企画では遊んでいるものの、町あかりさんを起用した楽曲は、ちゃんと「彼女たちの世代が考える演歌」になっていて嫌味がない。ゆっふぃーも変にコブシをまわしたりせずに自分らしく歌っているところに好感が持てる。ライブステージも楽しく、これをきっかけに演歌の魅力に目覚めるファンもいるかもしれない…と思うほど。直球と変化球の組み合わせを楽しめる技ありの一作。 ★★☆(2017/03/30)

「恋のロマンス」 243と吉崎綾

2017年2月リリースのデビューシングル(3曲収録)。鶴久政治氏のプロデュースで80年代アイドルソングをカバーする「歌い手」243(にーよんさん)さんに、女優・グラビアアイドルとして活動する吉崎綾さんを加えた女性2人組ユニットである。タイトル曲は鶴久氏によるオリジナル。80年代の「歌謡曲」を再現したキャッチーなメロディーが印象に残る。一定以上の年齢の人にとっては懐かしく、昨今なかなかないという意味では新鮮でもある。ボーカルも甘さと爽やかさのバランスがよく気持ちいい。C/W曲は「愛が止まらない」(Wink)と「I Don't Know!」(Babe)。2人組の曲ばかり選んでるところがニクイわ〜。とても楽しく聴いたのだけど、惜しむらくはアレンジが若干薄いところかな。カラオケ的というかね…。狙ったのかもしれないけど、バブル前夜でもあった80年代後半らしさを出すにはサウンドにも贅沢さがほしい気がした。途中のブレイクもやや流れを切ってしまってる印象だろうか。 ★★(2017/03/30)

「The Awakening」 GFRIEND

ヨジャチングの4thミニアルバム(6曲収録)。2017年3月リリース。デビュー以来、清純なスクールガール路線を軸にしてきた彼女たち。しかし、本作はそのグループコンセプトをがらっと変えてきた意欲作だ。アルバムタイトルは「覚醒」。それをもっともはっきり表しているのが、リード曲「Fingertip(指先)」だろう。ダンサブルで切れのいいシャープなサウンド。MVも「女スパイもの」みたいなつくりになっていて、大人っぽいカッコよさと年相応のセクシーさを感じさせる。まとまりと勢いのあるパワフルな楽曲という印象を受けた。ファンの間ではこの急激な変化に賛否両論あるようだが、これはこれで全然ありだろう。聴けば聴くほど好きになっていく感じかな。いいわ〜。
それ以外の曲の平均点もかなり高い。というよりも捨て曲まったくなしの充実作といえるのではないだろうか。どの曲もメロディーがとてもよく練られており、いわゆるノリで聴かせる「フックソング」ではない。メンバーのボーカルの魅力もよく引き出していて、しっかりした聴き応えがある。全体の流れ、構成もいい。何度も繰り返して聴きたくなる。とにかく隙のない作品だ。 ★★★(2017/03/30)

「Love&Live」 LOOΠΔ 1/3

LOOΠΔ(イダレソニョ)初のミニアルバムは、新メンバー1人を含む4人組ユニット「LOOΠΔ 1/3」名義。5トラック(実質4曲)収録。2017年3月リリース。タイトル曲はとても親しみやすく軽やかなメロディーを持つシンセポップ。これまでのシングル曲がどれも一ひねりある作風だったのに比べると、一気にわかりやすくなった印象。実は彼女たちはこの曲で初のテレビ出演を果たしている。LOOΠΔを初めて聴く人のために少し間口を広げた曲なのかも…。もちろん、これまで熱心に聴いてきたファンに対しても新たな引き出しを提示する楽曲となっている。
C/Wはいずれもタイプの異なる3曲。「You and Me Together」は「I'll be There」の、「Fairy Tale」は「Let Me In」の、そして「Valentine Girl」は「The Carol」の…それぞれバリエーションのようにも聴こえる。同じトラックで違う曲を成立させる「双子曲」なんてアイデアを実行に移してしまうスタッフだから、わざと変奏曲のように響くこの3曲を用意した可能性は十分にあるよね。どの曲もクオリティーは高く、独立した楽曲としてもとても魅力的だ。 ★★☆(2017/03/30)

「CHAT-SHIRE」 IU

2015年10月リリースのミニアルバム(7曲収録)。約1年半前の旧譜だけど、新しいフルアルバム発表(2017年4月予定)のニュースを聞いて、発売当初、試聴だけしてなんとなくスルーしていた本作にも手を伸ばしてみた。結論からいえば、「試聴した時に耳がどうかしてたんじゃないの?」と言いたくなるくらいの充実作。前作「花しおり」(2014)がやや「渋さ」に振っていたのに比べると、本作では彼女本来の華やかさが戻っており、エンターテインメントでありつつ、同時にアーティスティックな深みや成熟を感じさせる作品に仕上がっている。
アップテンポなナンバーでのダイナミックなグルーヴと存在感、ミディアム〜スローナンバーでの圧倒的な情感と表現力。そして可憐でいながら、すっと背筋の伸びた一人の女性を思わせる歌声の美しさ…。ソロシンガーとしての魅力が随所にあふれている。どの曲が良い…と書きだしたらすべての曲に触れなくてはならないだろう。ミニアルバムでこれなのだから、さらに時間をかけて制作されたフルアルバムはいったいどんな作品になるのだろうか。 ★★★(2017/03/30)