Live Report --472--

2017/07/08 寺嶋由芙 新宿 BLAZE(ワンマン)

「寺嶋由芙生誕ワンマンライブ 〜夏色のゆっふぃー〜」。26歳の誕生日当日に開催されたワンマン。前年に引き続いて行ってみた。当日券も出たようなのでソールドアウトではなかったのだろうが、会場に入ってみるとけっこうな数のお客さん。ほぼ満員といっていい動員だったんじゃないかな。

入場は遅め。当然、空いているスペースは背の高いお客さんの後ろくらいしかない。前寄りの上手端っこにもぐり込んだものの、最初はかなり見にくい位置だった。ただ、後半になるとお客さん同士の位置関係が微妙に変化して、まあまあ見やすい感じになってくれた。
客電が落ちてステージに登場してきたのは、三味線奏者の川嶋志乃舞さんと和太鼓アイドル桜りりぃさん。ライブはこの2人による津軽三味線と和太鼓と掛け合い演奏からスタート。どっちも正真正銘の生演奏だから迫力満点! ひと盛り上がりあったところで、この日の主役ゆっふぃーがステージに姿を見せる。新曲「わたしを旅行につれてって」のブルーの衣装。もちろん歌うのは和楽器の響きがぴったりの「夏'n ON-DO」。いきなり新宿BLAZEが夏まつり空間と化す! 2曲目からはゆっふぃーのワンマンには欠かせないゆるキャラさんたちも加わり、さらに豪華なステージに…。
セットリストは、「夏'n ON-DO」「オブラート・オブ・ラブ」「ゆるキャラ舞踏会」「いやはや ふぃ〜りんぐ」「猫になりたい!」「天使のテレパシー」「わたしを旅行につれてって」「夏色のナンシー」「まだまだ」「contrast」「ねらいうち」「#ゆーふらいと」「わたしになる」「初恋のシルエット」「ぜんぜん」、アンコールで「終点、ワ・タ・シ。」「好きがはじまる」「好きがこぼれる」、ダブルアンコールで「KAWAII FESTIVAL」「夏'n ON-DO(2回目)」…の全20曲。

前年はアンコールではじめて登場したゆるキャラを、この日は最初から最後まで大きくフィーチュア。また、途中2回にわけて全国のゆるキャラからのメッセージビデオも紹介される…など、ゆっふぃーの「ゆるキャラ好きアイドル」という個性を全面的に打ち出したステージとなった。また、前年は半分くらいの曲をバンド演奏をバックに歌い、音楽的な面も強調していたと思うのだが、この日は基本バックトラック。そのかわり和楽器を加えた曲が何曲かあるなど、全体的に音楽中心のライブ、コンサートというよりも、アイドル&ゆるキャラワールドが炸裂する、非常に祝祭的な「まつり」「ショー」という色彩が強まった印象を強く受けたのだった。
この日はいうまでもなくゆっふぃーの誕生日を祝うワンマン。「まつり」という要素が強調されるのはある意味で当然なのかもしれない。年に一度のスペシャルな日、ゆっふぃーという司祭のもとにファンという信者が集まるハレの日なのだから。もう一つバックグラウンドがあるとしたら、5月に開催されていた「夢みる☆ディアステージ in サンリオピューロランド」というイベントの影響だろう。ゆっふぃーもディアステのメンバーとしてレビューやパレードに参加している。その楽しさを自分のライブでも再現しようとしたら当然「ショー」的な要素が増えてくるはずだ。
結果的にアイドルのライブのスタンダードな形式にとらわれない、ユニークでなんでもありのエンターテインメントなワンマンになっていたのではないだろうか。ゆっふぃー自身のキャラクターやシンガーとしてのスタイルなどとも相性は良かったと思う。ファンのノリの良さもそんなステージを大いに盛り上げていた。2時間半以上の長めの尺もあっという間に感じられたね!

■登場したゆるキャラは「ニャジロウ」「ホヌッピー」「こにゅうどう」「こぶしまる」、特別ゲスト扱いで「たぬきゅん」「ポムポムプリン」、さらにフロアには客として来ていた「ちょうせい豆乳くん」。ゆるキャラらしくしゃべらないキャラも多いのだが、流暢にしゃべるキャラもいてゆっふぃーとの掛け合いが楽しい。特に夢眠ねむさん考案の「たぬきゅん」はアドリブも完璧でトークキャラとしても最高!
■ゆるキャラが勢ぞろいした「オブラート・オブ・ラブ」とアンコールの「夏'n ON-DO」。それ以外の曲でもゆるキャラとのデュエットがけっこうあったね。全ゆるキャラ、少なくとも1曲はやってたからたぶん6曲以上。ハワイ応援キャラの「ホヌッピー」とは「夏色のナンシー」…みたいに関連の強い曲を選んでいるところがさすがゆっふぃーである。
■ダブルアンコールで登場した「ポムポムプリン」はゆるキャラというよりも、サンリオのれっきとした人気キャラ。「かわいい〜!」を連発するゆっふぃーの好き好きアピールが止まらない! ここでやった「KAWAII FESTIVAL」は歌入りの音源を使ったダンスパフォーマンス。見てないけど「夢みる☆ディアステージ」のステージが想像できるようなシーンだった気がした。
■和楽器隊はいずれも本格派。聴き応えあったね〜。和太鼓アイドル桜りりぃさんはポーズ自体が決まっていて華やか! 目でも楽しませてくれた。川嶋志乃舞さんはいろんなところで話題でもあり、生で聴けてよかったわ〜。最初の3曲+アンコール2曲。
■MCも上手なゆっふぃー。この日も快調だったね。「たぬきゅん」とのコントのようなやりとり。生誕ライブを迎えてのファンへの感謝とこれからへの意気込み。しっかり話してたけど決してくどくならない。さすが大人のアイドルという感じ。告知関連では、「わたしを旅行につれてって」のリリースを翌週に控えて、さらに秋(11/8)リリースの新曲が決まったことを大発表。さらに、全国8都市を巡るワンマンツアーも開催。推されてるね〜。
■アンコールの衣装は黄色い浴衣。髪もアップにしてお色気もアップ!
■よく訓練されたゆっふぃーのファンもライブの盛り上げに大きく貢献してたんじゃないかな。開演前に待ちきれなくてコールや歌を叫んでた時には「大丈夫かいな」感も若干あったのだけど、始まってみれば手拍子にコールに一斉のケチャに…と非常にメリハリの効いたパフォーマンスを見せる。アンコールの最後、「夏'n ON-DO」では法被を着た有志が「ダイフク神輿」を担いでフロアを練り歩く。まさに年に一度のゆっふぃー祭じゃ! このアイデアもいいし、一般ファンの邪魔にならないように気を配りながらやっていた感もあって、好感の持てるものだったと思った。
■最後はフォトセッションで締めくくる。全20曲、約2時間39分(アンコール含む)。

ゆっふぃーの生誕ライブは4回目だそう。来年も絶対やりたいとのことなので楽しみに待ちたい。会場には女性ファンもけっこう多かった。専用エリアなしだったので、背の高い男性ファンにまじって見えにくかったんじゃないかと思うけど、みんな熱心に応援していたね。ゆるキャラも出る楽しいステージというところが受けているのかな。浴衣を着た人もちょいちょいいて華やかだったわ。

開演17時13分→終演19時52分。

2017/06/23 辻詩音、星村麻衣、杉恵ゆりか、Novaurelia 吉祥寺 SHUFFLE

3アーチスト+OAによるライブイベント「夢色草」。お目当ては辻詩音さんと星村麻衣さん。4年半前にも同じ会場でこの二人が対バンしたステージを見ている。星村さんについてはそれ以来…ということもあってけっこう楽しみにしていた。入場してみるとフロアに椅子が並べられている。せっかくなので2列目でステージまでの見通しもいい席に。臨場感あって良かったね〜。

○「Novaurelia」 オープニングアクトは「ノヴァオウレリア」。予備知識なしでの初見。シンガーソングライター・ミズハシアヤカさんによるワンマンユニット…ということは帰って検索して知った。ピアノ弾き語り。1人でのステージ。セットリストは「ロボット」「予告」「くらげ」…の全3曲。いずれもミディアムナンバーでわるくはないものの強く印象に残った曲もなかったかな。バンドアレンジだとまた雰囲気が変わるのだろうか。ちょっと気になったのは、MCでの自己紹介がまったく聞き取れなかったこと。初見の人にアピールするには、そのへんの配慮がもっとあってもいいのでは…とも。 約23分。

○「杉恵ゆりか」 ライブを見るのは約4年ぶりで2回目。自身のボーカル/キーボード+サポートでアコースティックギター。2人でのステージ。セットリストは、「ジョキッ」「星空ドライブ」「キスの前のように」「オムライス」「やさしくしないで」「女の子は花火」「マスキュラフェミニン」…の全7曲。
前回見た時はバンド編成でポップなイメージが強かったのだけど、この日はアコースティックスタイル中心。シンガーソングライターらしい楽曲の個性とボーカルの力強さがより印象的だった。「ジョキッ」という髪を切る音がポイントになっているオープニング曲、メロディアスでブルースっぽい「やさしくしないで」などが耳に残る。ラストの「マスキュラフェミニン」はバックトラックも併用したバンドサウンド。切れ味のいいラップパートもあるボーカルも含めてノリノリで盛り上がってたね! こういうのを聴くと、アコースティックもいいけど、やっぱり彼女の楽曲にはバンド編成の方があっているのかな…と思ってしまう。その意味では、MCで「今度、大原櫻子さんに楽曲提供が決まった」という報告もしてたけどとても納得できる気がした。メジャーなアレンジが似合いそう。全体に勢いが感じられるステージだった。全7曲、約41分。

○「星村麻衣」 ライブを見るのは約4年半ぶりで18回目。自身のボーカル/キーボード、サポートでアコースティックギター。2人でのステージ。セットリストは、「Good Today」「青空スケッチ」「くにびき大橋」「regret」「宇宙でランデブー」「GET HAPPY」…の全6曲。
けっこうインターバルが空いてしまったのだけど、いい意味で変わってない彼女の歌声を聴くことが出来てなんかほっとした。「GET HAPPY」のような初期曲から比較的新しい曲まで、選曲もバランスよく、自分の歌いたい歌を伸び伸びと歌っている感じ。個人的には、前回ライブで聴けなくて心残りだった「くにびき大橋」を聴けたのが最大の収穫だったかな。丁寧に曲紹介して歌っていく様子からも、彼女にとっても大切な曲であることがよく伝わってくる。この1曲だけでもこの日のライブに行った価値があったように思えた。
1曲ごとにMCを挟みながら歌っていく。神戸のFM局でもう4年以上ラジオパーソナリティーをやっているそうで、トークもけっこうこなれている。歌声は若々しく変わらないけど、そのへんの佇まいや夏物のガウンをさらっと羽織ったスタイリングからは大人の女性の落ち着いた魅力も感じられた。MCでもデビュー15年目…という話も出てたから、まあごく自然なことなんだろうけどね。相方のギター・古賀氏も以前のままで、安定した良いペースで活動できているのだろうなと思えた。最後の曲をグリッサンドで締めるところなんかも彼女らしくて良かった。全6曲、約38分。

○「辻詩音」 ライブを見るのは約1年ぶりで24回目。エレキギターでの弾き語り。曲によってバックトラックも併用。1人でのステージ。セットリストは、「This is the show」「ほろよい」「愛がほしいよ」「I am beautiful」「レインソング」「デジタルモード」「POSE」、アンコールで「サマーフラッグ」…の全8曲。
この日のしおんぬ、黒エナメル生地のタイトミニでびしっと決めた衣装で登場。そこに銀色のエレキギターがめっちゃ似合っている! カッコいいじゃん…と思いながら見てたのだけど、なんと1人でのステージにエレキを使うのはこの日が初めてなのだそう。これまでは、バンドの時はエレキ、弾き語りはアコギ…と使い分けていたのだそうだ。しかし、この日は「なぜかエレキブームが急にやってきまして、この自分の気持ちに逆らいたくないと…」、エレキ弾き語りになったみたい。
でも、結果的にサウンドも相当カッコよくなってたんじゃないかな。純粋に弾き語りした前半3曲(「ほろよい」「愛がほしいよ」「I am beautiful」)にはソリッドなシャープさがあって惹きつけられた。また、バックトラックもいわゆるバンドサウンドではなく、打ち込みっぽさを強調したタイトなもので彼女の声質とのバランスもとても良いように思えた。アンコール前の「POSE」はギターを置いてトラックだけで歌う。以前からの曲も表情が変わっているし、全体に新境地開拓といっていいのではないだろうか。最初から最後まで新鮮に聴くことができた。アンコール「サマーフラッグ」はオールスタンディングで盛り上げる。しおんぬらしい楽しいライブだったね〜。全8曲、約42分(アンコール含む)。

この日は「SHUFFLE10周年記念イベント」の一つ。2007年10月、オープンしてわりとすぐにあった辻詩音さんの初自主企画がこの店を訪れた最初だったのをよく覚えている。しおんぬ、「その時に何歳だったかわかると今の年齢が計算できてしまうので言いません」とのことだけど、あれからもう10年…早いものである。

開演18時35分→終演21時37分。

2017/06/10 寺嶋由芙 池袋 ニコニコ本社(イベントスペース)

7/12リリース予定の新曲「私を旅行につれてって」の予約イベント。整列入場が終わった直後くらいの会場着だったので、位置的には4〜5列目くらい(のいちばん端)。お客さんの間から見る感じではあったけどまあまあの視界だったかな…。

バックトラックを使った1人でのステージ。ニコニコ動画でも生放送されていて、ステージ奥の大型モニターなどでイベントの中継と視聴者のコメントを同時に見ることができる。セットリストは、「私を旅行につれてって」「カンパニュラの憂鬱」「オブラート・オブ・ラブ」「初恋のシルエット」「みどりの黒髪」「ぜんぜん」…の全6曲。
定刻ぴったりにゆっふぃー登場。新曲のジャケ写と同じ新衣装。この日がお披露目だったようでフロアのファンからも「かわいいよ〜」という声が多くかけられていたね。夏の海を思わせる明るいターコイズブルーみたいな色あい。光沢のあるミニスカートと大きめの花飾りのついたストローハットがアクセントになっている。
オープニングは新曲「私を旅行につれてって」。第一印象を一言でいえば、「ふへへへ…」や「天使のテレパシー」などを引き継いだ路線だろう。1980年代のアイドルポップス、具体的にいえば80年代前半の松田聖子サウンドが下敷きになっている感じ。爽やかでいいんじゃないかな。「また〜?」というファンもいるかもしれないけど、ゆっふぃーといえばこの感じ…というイメージを固めるために何曲か続けるというのは十分ありだろう。ちなみに歌詞は「彼氏と旅行に行く女の子」のことを歌っているそう。「これでまた撃沈されるヲタク続出だね(ニヤリ)」とゆっふぃー。ニコニコの画面には、衣装の一部だという「指輪」を目ざとく見つけて「病んだ…」というお約束の文字が流れる。最高!
その後は、夏らしい人気曲を連発して盛り上げ。80年代っぽい曲があるかと思えば電波ソングやアッパーのアゲアゲナンバーなども。この振り幅が彼女らしいところだろう。MCでは各種イベントの告知など。7月の誕生日には前年に続いてバースデーワンマンも予定されている。「ぜひ来てください」ということだったので、この日の帰りにチケットを買っておいた。一般発売なのですでに「Eチケ」。ほとんど最後かな…。なにはともあれ歌とトークの楽しいイベントだった。全6曲、約35分。

それにしても細いゆっふぃー。同年代の女性たちと比べたらもうぶっちぎりだけど、同業の他のアイドルと比較しても痩せている方だろう。新しい衣装だったのでずっと観察してるうちに、そんなことに改めて気づかされた。これからの夏場、スタミナに注意して乗り切ってほしいね。

開演17時30分→終演18時05分。